借金

借金返済の計画を立て、時には完済不能だと判断することも大事。

質問

借金を返すのがきつい。だけど家族や知人に迷惑はかけたくない!何か方法はある?

答え

借金の返済は、時には完済不能だと判断することも大事です。そう判断したら見えてくるものがあります。今回の場合であれば、債務整理任意売却を視野に入れましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

お金を借りたのはいいけど、返せなくなった!そういう人は大勢いるよね!ある種の『罠』みたいなものだからね、借金は!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

本来は借りる前から計算するべきだった

借金

 

借金の返済計画を立てる場合は、時に完済不能であると判断することも大切なことです。そもそも、それは借りる前にしておかなければならないことでした。下記の記事などがその考え方の強化につながります。

 

 

手詰まって、後になってから問題の大きさに気づいて後悔しても、時すでに遅しですからね。支払えないとなると、家族や知人らに迷惑をかけるか、債務整理をして金融事故を起こすしかありません。そうなるとブラックリストに登録されますからね。

 

 

借金

 

大きなハンデを負うことになります。ハンデを負ってしまってはもう手遅れです。例えば、信用情報機関のブラックリスト扱いは、5~10年です。その間、新しくクレジットカードが作れなかったり、借り入れができなかったりして、不便な思いを強いられることになります。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

後始末ではなく、『前始末』をすることが求められていました。

 

しかし、そうは言ってもそうなってしまったのならいちいち過去を悔やんでも仕方ありません。あるのは今です。今を真剣に考えて生きることが求められますね。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

それに、その経験をしっかりと自分のものにできれば、糧となります。失敗は活かすなら糧であり、活かせないなら失敗となります。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

ここまで読めば、大分この問題を通して人格の成長を遂げることができますね。

 

借金

まずは後始末型ではなく、前始末型の人間で生きる必要があったと、戒める必要があるね!それはとても難しいことだけど、何より大事なことだからね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 借金の返済計画を立てる場合は、時に完済不能であると判断することも大切。
  • 各記事を読んで考え方の強化をする。

 

おまとめローンのメリットとデメリット

さて、借金の返済計画を立てる場合は、時に完済不能であると判断することも大切なことです。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

もちろん、多重債務に陥っている場合はおまとめローンを検討することも一つの手です。しかし、下記の記事を見て、そのメリットやデメリットについてしっかりと確認しましょう。

 

借金

完済不能だとわかれば、色々と対処法を考えるようになるからね!まず考えるのはおまとめローン!債務整理じゃないから、ブラックリストに載らないからね!

ぴよ(ふむ)!

この章のまとめ
  • おまとめローンのメリットとデメリットを確認する。

 

早めに債務整理や任意売却をする

後は、下記の記事に書いた様に、債務整理を検討しましょう。

 

 

完済できないと判断したら、債務整理を検討することになります。それぞれの特徴も簡潔にその記事に書きました。詳しく把握したい場合も、その記事に詳細をリンクしましたので、ご確認ください。

 

支払いが遅れたら強制執行をかけられますから、どちらにせよ整理はすることになるのです。

 

 

ですから例えば、支払いができず、不動産を持っていてそれを差し押さえられた場合、競売にかけられて家を売却されてしまいます。その売却したお金は債権者に配当され、返済金に充てられるんですね。

 

借金

 

ということは、最初から任意売却をしてしまった方がいいですよね。競売よりも任意売却の方が割高で売れる傾向にあるので、どうせ売られるなら強制的な差し押さえではなく、自分の意志で任意売却してしまった方がお得になります。

 

借金

最後にはどうせ売ることになっちゃうからね!だからそういう計算をしていって、それで『じゃあ今から任意売却しよう』とかって考えていけば、債務整理もしないで済むかも!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 早めに債務整理や任意売却をする。

 

損を回避する能力はとても大事

ですから、もし借金の支払いができないと見込んだのなら、いっそのこと自分の意志で債務整理をしてしまった方が、被害を最小限に抑えることができ、一つでも多くのメリットを得られるのです。従って、これらの問題を通して、

 

  • 潔さ
  • 決断力
  • 損得勘定

 

が強化されることになります。より自分が得になるためにはどの道を選択すればいいのか。そして、その道がたとえ思い切った道だとしても、それが本当に自分に得なのであれば、思い切ってその道を決断する。そういう潔さを体得することができます。

 

うじうじしたり、優柔不断だったり、損得勘定にうといと、結果的に損をすることになります。損得勘定に支配される人間はまた別の問題がありますが、それを支配することならむしろやる必要がある。

 

例えば、家庭を持っている場合は、その家庭を守るためには損得勘定がとても必要であり、ビジネスで考えたときでもそれは同じです。きれいごとではありません。誰かが取引を成立させたら、他の誰かがその取引に失敗し、辛酸をなめることになるのです。

 

借金

 

世の中は決して弱肉強食ではないし、強者生存でもありません。適者生存です。しかし、私の恩師がこう言った様に、

厳しくなければ生きていけない。でも、優しくなければ生きる資格はない。

 

優しさと同時に、厳しさも持ち合わせて生きていかなければならないのが、この世の中。借金の問題を通して世の中の厳しさを知り、それを糧にできるのならむしろ喜ばしい経験です。

 

転んでもただは起きないことを意識し、問題を乗り越えましょう。

 

借金

失敗を活かせば失敗ではなくなる!だから今回の件を通して、たくさん学んで、むしろ後で振り返って誇りに思えるような、そういう出来事にしちゃおう!

ぴよぴよ(親分はいつも前向きっす)!

この章のまとめ
  • 損を回避する能力はとても大事。
  • 転んでもただは起きない。

 

 

関連記事

  1. 個人再生の住宅ローン特則(住宅資金特別条項)ならマイホームを残すことが…

  2. 倒産と破産宣告の手続きの違いとデメリットの違いとは?

  3. 会社が黒字でも自己破産できる理由は、黒字なのに倒産する、赤字なのに倒産…

  4. 自己破産手続きの際に家計収支表をまとめることは、多くのメリットがある!…

  5. 個人再生の最低弁済額、清算価値保障、可処分所得の算出について

  6. 年収の何割の借金で自己破産ができるのか?その目安や基準となる考え方

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)