借金

未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

質問

未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

答え

未成年者は基本的に借金が出来ません。未成年者の契約は、法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができます。親に内緒で勝手に未成年が借金をしても、それは取り消すことができるんですね。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

取り消すことができるわけだから、それはつまり『返済義務はない』っていうことになるよ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

未成年者は基本的に借金が出来ない

未成年者は基本的に借金が出来ません。20歳以下の人ですね。つまり、18歳の人でも未成年ですから、借金が出来ません。

 

借金

 

しかし、これは法律で定められているわけではありません。従って、貸すことはできるのです。しかし、借金が出来ないということは、『貸す側が嫌がる』という事実があるということが浮き彫りになります。

 

ではなぜ『貸す側が嫌がる』のかというと、単純に『取りこぼしになる可能性が高くなるから』ですね。金融業者は、相手が誰であれお金を貸して、利息をつけて回収し、売り上げを上げたいものです。しかし、肝心の貸す相手が『返す能力』がないなら、貸したお金が返ってこない可能性があります。

 

ですから『審査』というものがあるわけですね。審査ではなるべく優秀な顧客を選びます。

 

  • 年収
  • 勤続年数
  • 社会的信用度
  • 他者借り入れ件数
  • クレジットカードの枚数
  • 申し込みブラック
  • ブラックリスト登録

 

なるべく多くの、かつ重要なポイントを押さえ、その人の信用度をチェックします。申し込みブラックというのは、『借金を申し込みまくっている人』ということですね。そういう状態にある人は危険ですから、きちんと返済できるかどうか疑ってかかります。

 

借金

 

計画的に返済をできるならいいのですが、焦っていて後がないような人は、計画的というよりは『緊急的』ですからね。

 

アメリカの作家、マーク・トウェインは、

 

と言いましたが、しかし記事にも書いた様に、『太陽が照っている時にこそ、融資のタイミング』であることは、金融業界の常識なのです。

 

借金

 

借金

未成年者は借金ができないけど、金融業者が貸さないっていうだけで、借りようと思えば借りれるんだ!でも貸してくれないけどね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 未成年者は基本的に借金が出来ない。
  • しかし、これは法律で定められているわけではなく、貸すことはできる。
  • 『太陽が照っている時にこそ、融資のタイミング』であることは、金融業界の常識。

 

担保があると安心。未成年は不安。

それから、『有担保ローン』があります。例えば、自動車や住宅を担保にするのです。その保険があるのなら、金融業者も安心してお客にお金を融資でき、もし返済が滞ったら担保を売却して返済金に充てることができるわけですね。

 

ちなみに、これらの有担保ローンを債務整理をすると、債権者は整理する前に別除権によって担保権を行使し、その担保を売却してしまいます。別除権については下記の記事に書きました。

 

 

ですから、もし有担保ローンを抱えている場合は、任意整理をすることをまず第一に検討することが推奨されます。

 

借金

 

 

そのようにして、とにかく未成年というものは、何しろ社会的信用がありません。ですから、法律では規制されていなくても、金融業者側が貸すのを渋るということなんですね。

 

借金

未成年はまずほとんどの場合で仕事をしていなかったり、していても勤続年数は短いよね!収入も少ないはずだよ!だから往々にして、社会的信用はないよね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 担保があると安心。未成年は不安。

 

金融業者の本音

ある日の朝日新聞デジタルにはこうありました。

銀行のおまとめローンが「抜け穴」に 借金再び可能 朝日新聞デジタル 5/3(水) 9:14配信

銀行のおまとめローンが「抜け穴」に 借金再び可能

銀行の「おまとめローン」で借金が膨らむおそれがある

 

銀行が無担保で多額のお金を貸すカードローンで、複数の借金を一本化する「おまとめローン」が、消費者金融への法規制の「抜け穴」になっている。消費者金融の借金は上限規制があるが、規制外の銀行の「おまとめ」に移せば、消費者金融から新たな借金ができる可能性があるからだ。多重債務を懸念する弁護士らは銀行への法規制を求めている。

 

「複数のお借り入れを一つにまとめて返済を楽に!」。ある地方銀行のホームページには、「おまとめローン」のメリットをうたう宣伝文句が並ぶ。複数の借金をまとめると金利が下がり、返済日も集約できて管理しやすい、という。

 

このローンが、消費者金融を規制する貸金業法の「抜け穴」になっている。同法で消費者金融は「年収の3分の1超」の貸し付けができない。例えば、消費者金融で年収の3分の1まで借りる。その後銀行のおまとめローンに借り換えると、消費者金融の借金はいったんなくなり、再び消費者金融から「3分の1」まで借りられる。銀行と消費者金融からの借金が積み上がりかねない。

 

また、銀行は貸金業法の規制外なので、おまとめローンからさらに上乗せして、年収の3分の1超の額を貸すことができる。カードローンを比較できるカカクコムのサイトには、「銀行からの借り入れは(貸金業法の)総量規制の対象外で、おまとめローンを利用した場合でも、追加融資をしてくれる可能性がある」と記されている。

 

おまとめローンは銀行にとってメリットだ。複数の消費者金融などが受け取っていた利息を、1行でまとめて受け取れる。貸付額が大きくなり、利息収入も期待できる。

 

多重債務に詳しい三上理弁護士は「銀行に借金を集約したあと、消費者金融などで借り入れを増やし、破綻(はたん)する人は多い」と指摘する。1千万円近い借金を銀行で一本化し、そのあと他の銀行や消費者金融で借金を重ね、総額が年収の3倍超の2600万円まで膨らんだケースもあるという。

 

全てとは言いませんが、金融業者の本音とはこんなものです。総量規制の網をかいくぐれるなら、かいくぐりたい。そして、なるべく優秀な顧客から、多くの利息を絞り取りたいんですね。

 

借金

 

借金

全てとは言わないけど、結局金融業者だけじゃなくて人間は、合法なのであればギリギリまでやってしまうからね!グレーゾーン金利もそうだし!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 金融業者は総量規制の網をかいくぐれるなら、かいくぐりたい。そして、なるべく優秀な顧客から、多くの利息を絞り取りたい。

 

未成年と法定代理人

しかし、これを考えた時、未成年であればどうでしょうか。あまり信用できませんね。いい顧客になりそうな気がしません。例えばこれが、

 

  • 赤ちゃん用品
  • 仮面ライダーグッズ
  • プリキュアグッズ

 

などであれば話は別です。これを欲しがるのは未成年ですが、財布を握るのは親です。ですから、『結局は親に支払わせる』という戦略のもと、様々な広告宣伝の展開ができます。

 

借金

 

しかし、今回のような未成年の借金の場合となると、財布を握っているのは往々にしてその未成年ですからね。せいぜい期待できてもアルバイトの報酬ぐらいのものですから、そこから利息を絞り取っても、あまり利益にはなりません。担保となる物件も持っていませんしね。

 

しかし、今の例を見て考えたように、『保証人がいる場合』なら話は別です。この場合、『法定代理人』ということになりますね。

 

Wikipediaにはこうあります。

法定代理人(ほうていだいりにん)とは、代理人の一種で法律により代理権を有することを定められた者のことである。

 

法定代理には、例えば本人が未成年者や成年被後見人である場合に、親権者や後見人といった法定代理人が本人に代わって法律行為を行うという私的自治の補充という機能を有する。代理権付与の審判がなされた保佐人や補助人も同様である。本人が代理権を与えることなく、法律により代理権が与えられる点が、任意代理人と異なる。

 

未成年には普通、『保護者』という存在がありますね。必ず聞いたことがあるはずです。その保護者たる親権者は、ここでいう法定代理人に該当するのです。

 

借金

 

親権を持つ保護者などの法定代理人の同意があれば、未成年者であってもお金を借りることができます。金融業者としての考え方は、前述したとおりですね。支払いが滞っても法定代理人が支払いの代償をしてくれますので、安心です。

 

借金

 

借金

保護者、つまり法定代理人の許可があればいいわけだね!だから冒頭に言ったように、それで未成年も借りれるよ!貸しちゃいけない法律はないからね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 保護者たる親権者は、ここでいう法定代理人に該当する。
  • 親権を持つ保護者などの法定代理人の同意があれば、未成年者であってもお金を借りることができる。

 

法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができる

そして逆に言うと未成年者の契約は、法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができるのです。

 

民法第5条にはこうあります。

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。

 

2  前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

3  第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

 

ですから、親に内緒で勝手に未成年が借金をしても、それは取り消すことができるので、金融業者としても、未成年の相手をだまして借金の型にはめるという発想は、リスクが大きすぎるのでやろうとしません。もっともそんなあからさまな悪だくみをする人がいるかはわかりませんが。

 

借金

 

ただ、闇金融という存在がこの世にはいますからね。下記の記事を見て闇金融についての意識を高めましょう。

 

借金

 

 

借金

闇金融にはここで考えるような正論は通用しないからね!法律の外にいる。だからアウト(外)ロー(法律)なんだ!

ぴよぴよ(アウトロー)!

この章のまとめ
  • 未成年者の契約は、法定代理人の同意を得ない場合は取り消すことができる。
  • 闇金融には注意が必要。

 

借金は親子であれば身代わりしなければならない?

また、下記の記事に書いた様に、学生でも自己破産をすることはできます。

 

借金

 

もし借金をしてそれが支払えなくなり、親に内緒で自己破産をしたいと思った場合、記事を確認してみましょう。記事にも書いた様に、もし親が保証人になっていれば間違いなくばれてしまいます。保証人については、下記の記事でたっぷりそのことについて研究しましょう。

 

 

しかしそもそも、下記の記事に書いた様に、借金は親子で会っても肩代わりする必要はありません。

 

 

記事に書いた様に、確かに家族には家族の扶養の義務がありますが、借金の身代わりをする義務まではないんですね。ですから、もし安易な考えで借金をしようと思うのであれば、やめたほうがいいでしょう。

 

借金

 

もちろん、未成年はその様な安易な判断をする年齢である、ということは社会通念上の常識ですから、借金が出来る額も大きな金額にならないようになっています。ただし、ホストや衝動買いで金を使い込んで借金を負い、風俗で働くはめになる女性がいるように、若いからといって周りの大人が人生を保護してくれるとは限らないということは覚えておかなければなりません。

 

借金

 

借金

実際には10代で借金を負っている人がいるのが現実だよね!それで返せないからっていうことで、夜の街で働かされたりさ!

ぴよぴよ(怖いっす親分、俺人間が怖いっす)!

この章のまとめ
  • 借金は親子で会っても肩代わりする必要はありません。
  • 若いからといって周りの大人が人生を保護してくれるとは限らない。

 

成年擬制(せいねんぎせい)とは

また、キャバクラ嬢や風俗嬢であっても債務整理はできますので、ご安心ください。下記の記事は自己破産についての記事ですが、任意整理でも個人再生でも同じことです。

 

借金

 

 

ただし、任意整理や個人再生の場合は『一定の収入が必要』という特徴から、その収入が一定でないのであれば、不許可となる可能性もあります。

 

 

また、『成年擬制(せいねんぎせい)』にも注意する必要があります。

 

成年擬制

結婚した未成年者が成年者として扱われること。

 

民法第753条にはこうあります。

未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

 

未成年者が結婚をすると、それは成年として扱われることがあるのです。しかしこれはもちろん限定的であり、例えば、

 

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 20歳未満立ち入り禁止

 

借金

 

の問題をこの成年擬制によってクリアできるというわけではありません。ですが、この成年擬制によって法定代理人なしで借金が出来る場合があり、この場合は金銭借入契約の取り消しはできませんので、注意をしましょう。

 

借金

未成年にはいろいろと縛りがあるけど、それも一時的だからね!逆にその期間を楽しむくらいの気持ちが必要だね!もう一生来ないんだから!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 未成年者が婚姻をしたときは成年擬制が適用される。

 

 

関連記事

  1. 自己破産の都市伝説の『嘘、本当』を徹底解説!

  2. 租税等の請求権(免責とならない主な債務2)

  3. 住宅ローンの月々の返済額が低いという『麻痺』に注意せよ!(+借入限度額…

  4. 自己破産の申請中に手続きを中止することはできるか?

  5. 自己破産をしても、障害年金を受け取ることができる?

  6. 自己破産後の復権にかかる期間は?手続きは必要なの?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)