借金

借金のトラブルに巻き込まれないためにやれること!適切な対処法とは

質問

借金のトラブルに巻き込まれないためにやれることはある?

答え

出光興産の創業者、出光佐三は言いました。

『金を軽んじても重んじてもいけない。』

 

彼の言うように、お金という存在を軽んじても重んじてもいけない。それがまず最大のカギとなるポイントです。それを本当に理解できていれば、お金のトラブルに巻き込まれることは激減するでしょう。

 

また、具体的な対策としては、弁護士や司法書士といったこの道の専門家を味方につけるということも大切ですね。自分だけではまかないきれない専門的なことは、お金を払って、勉強を積み重ねた専門家たちの力を借りて、乗り越えることも検討しましょう。そういう時のために、彼ら専門家は存在するのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

お金を軽んじるのがよくないのは説明不要だね!また重んじすぎるとそれは『拝金的』となる!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金のトラブルとは

借金のトラブルというのは、ざっと挙げると、

 

借金のトラブル
  • 闇金融との問題
  • 自分自身の借金の滞納
  • 気づいたら自転車操業になっている
  • 多くの勧誘が来る
  • 保証人になってしまった
  • 家族や友人関係が壊れた
  • 離婚する際に揉めた
  • 債務整理

 

等の問題が挙げられます。

 

闇金融との問題

借金

 

まず第一に考えらえるのが、闇金融の世界ですね。闇金融についての基本的な情報は下記に書きました。まずはこの基礎知識を入れて、対処しましょう。傾向や法律、相談窓口などが書いてあります。

 

 

また、貸金業規則法第21条にはこうあり、

貸金業を営む者または貸金業を営む者の貸し付けの契約に基づく債権の取りたてについて、貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付の契約に基づく債権の取り立てをするに当たって、人を威迫し、または次の各号に掲げる言動その他の人の私生活もしくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならない

 

48条にはこうあります。

これに違反した者は、6カ月以下の懲役もしくは100万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する

 

朝8時から夜21時以外の督促は『すべて脅迫』だし、訴えることができます。貸金法や暴対法などの改正によってそういう人たちは減りましたが、人間がいる限り法の網をかいくぐって存在し続けるでしょうから、こちらが対処法をしっかりとするしかありませんね。

 

彼らを害虫と同じ扱いをしてはなりません。彼らも立派な人間です。罪を憎んで人を憎まずですね。ただ、私は以前害虫が家に出ることで頭を抱えていた時期がありましたが、ふとある商品を使ってその害虫対策をしたら、コロッとその害虫はでなくなりました。こうした一人一人の心がけが、被害を減らすための対策になるのです。

 

 

借金

闇金融も軽んじても重んじてもいけないね!なめちゃいけないし、かといって尊重する必要もないよ!まずは近づかないのが一番リスクヘッジになるね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 闇金融の実態について理解する。
  • 朝8時から夜21時以外の督促は『すべて脅迫』。

 

自分自身の借金の滞納

自分自身が借金をして、それを滞納させたらそれも『借金のトラブル』と言えますね。滞納してしまうと『期限の利益を喪失』しますから、借金を一括返済する必要があります。

 

借金

 

借金

 

期限の利益

債務者は、支払期日までに支払いを待ってもらう権利を持っている

 

また、それ以外にも給与を差し押さえられたり、訴訟を起こされ強制執行をかけられれば、財産を差し押さえられてしまうことにもつながります。

 

もし債務整理をしていた場合は、下記の記事にも書いたような問題が起こります。

 

 

一括請求を受けたり、個人再生手続きを取り消され、減額された借金が元に戻ってしまうんですね。そうなると自己破産を余儀なくされることに繋がります。ですからそうならないように、下記の記事にも書いたように、

 

 

  • 1.お金は原則として借りない
  • 2.借りたならすぐに返す
  • 3.すぐに返せなくても約束通りの支払いはする

 

という考え方を根付かせることが大切です。

 

借金

お金はまず原則として借りないことが前提なんだ!だけどまあ、人それぞれ状況があるからね!誰だって好きでお金を借りるんじゃないよね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • お金は原則として借りない。借りたならすぐに返す。すぐに返せなくても約束通りの支払いはする。

 

気づいたら自転車操業になっている

借金

 

借金

 

上のパターンと同じです。『気づいたら滞納していた』、『気づいたら多重債務になっていた』ということですね。これはまず確認するべきなのは以下の記事です。

 

 

自分が借金に陥りやすい正確かどうか確認し、当てはまることがあるのであれば、それを改善しましょう。また、下記の記事も参考にしましょう。決して借金苦に陥ったからといって、臓器を売買したり事件を起こしたり、自殺をしようとしたりしてはなりません。

 

 

特に自殺です。自己破産の記事にも書きましたが、『

』ということを理解しましょう。

 

 

借金

『気づいたら多重債務になっていた』っていう人がほとんどだよね!人間ていうのはいろいろと『麻痺』するものなんだ!例えば数時間後の自分がおなかがすいていることを想像できないんだ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ

 

多くの勧誘が来る

借金

 

これもトラブルだと言えますね。例えば、債務整理をすると官報に載ります。それ自体は別に普通にしているだけでは何も問題ないのですが、この官報というのは闇金融がよく見るんですね。金融事故を起こした人間に目をつけ、DMを送ってきたり、勧誘をしてきます。

 

 

これに関しては、断固として対応するしかありません。今の時代、個人情報が漏れるのは当たり前だと覚悟する必要があります。

 

街へ出れば若い女性は、しつこいキャッチやナンパ師に声をかけられ、虫をすると冷たい罵声を浴びせられることがあるように、老人が重い荷物を持ったり、階段を上り下りするのが辛いように、子供がいつ誘拐され、変人に襲われるかわからないように、この世は最初から、いつ何が起きるかわからないものなのです。

 

借金

 

闇金融以外にも様々な勧誘が来ますからね。今もどこかで誰かの電話が、何かの営業のために鳴り響いています。こればかりは、自分で覚悟を持って対処するしかありませんね。

 

借金

今も、おそらく昔もそうだったはずだけど、勧誘があって、それを断れずに騙されるっていうことはこれからもずっと続くはず!自分自身が気をつけなきゃね!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 勧誘を断る勇気を持つ。

 

保証人になってしまった

借金

 

保証人の問題はたくさん考えることがありますね。簡単に言うと、保証人には安易になるものではないということです。まずは下記の記事で、保証人の基礎知識について考えましょう。

 

 

債務整理における保証人の問題は下記の記事です。

 

 

借金

 

特に連帯保証人は、ほぼ債務者と同じです。十二分に注意を払いましょう。

 

借金

 

借金

特に連帯保証人はほぼ債務者に等しいからね!決して安易になるものではないよ!なったならそれは自分で覚悟を持って対処する必要があるね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 保証人には安易になるものではない。

 

家族や友人関係が壊れた

借金

 

これは上の保証人に問題などから発展することが多いですね。またそれだけではなく、下記の記事でも書いたような、お金の貸し借りにおける『言った、言わない』などもお金のトラブルとして挙げられます。

 

借金は口約束でも成立しますから、その基礎知識を頭に入れるしかありませんね。

 

 

借金

人間関係という問題になると、ちょっとやそっと考えただけでは最適化できない場合があるよ!積み重なって出来上がった関係だからね!そのすべてを再構築するのは容易ではない!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 借金は口約束でも成立する。

 

離婚する際に揉めた

借金

 

借金のトラブルとして、離婚時に様々な問題が浮上することもあります。

 

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 住宅ローン

 

等、様々な問題がありますね。ちなみに、養育費や慰謝料は、個人再生の場合は『非減免責権』、自己破産なら『非免責権』となり、減額や帳消しの対象になりません。

 

自己破産

借金

 

詳しくは下記の記事に書きました。

 

 

これらの支払いは、その他の借金と一線を画してしっかりと支払う義務が課せられます。また、住宅ローンについては下記の記事に書きました。

 

 

離婚時に住宅ローンが残っている場合は、その基本知識を頭に入れておきましょう。

 

借金

離婚をすることは本当に体力を消耗するからね!お金もなくなる!誰も得をしないよね!そして、得をさせないようにどちらかが足を引っ張るものだよ!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • 養育費や慰謝料は、減額や帳消しの対象にならない。

 

債務整理

そして、借金のトラブルといったら債務整理がそうですね。これは債権者からすればトラブル以外のなんでもありません。借金を減額されたり、帳消しにされるわけですからね。債務整理には、

 

 

借金

 

とありますが、そのうち、 過払い請求以外はすべて信用情報機関でブラックリスト登録されます。

 

 

このブラック扱いのことだけを考えても、『債務整理は金融事故であり、お金のトラブルだ』と言うことがわかりますね。これに『巻き込まれないように』するということは、やはり結局、

 

  • 1.お金は原則として借りない
  • 2.借りたならすぐに返す
  • 3.すぐに返せなくても約束通りの支払いはする

 

という考え方を根付かせることが大切です。つまり、結局お金のトラブルに自分自身を巻き込まれないようにするためには、お金に支配されるのではなく、お金を支配する側に回ることが求められるということですね。

 

借金

債務整理は金融事故だからね!ブラックリストに載るくらいなんだから!これを避けるためには、結局はお金を借りないことが一番なんだ!

ぴよぴよ(たしかに)!

この章のまとめ
  • 結局お金のトラブルに自分自身を巻き込まれないようにするためには、お金に支配されるのではなく、お金を支配する側に回ることが求められる。

 

お金という存在を軽んじても重んじてもいけない

借金

 

世界一の投資家、ウォーレン・バフェットは言いました。

お金は人を変えない。お金は人の本性を浮き立たせるだけである。

 

つまり、自分自身という人格がしっかりしていなければ、お金がいくらあっても幸せになれないし、またお金に自分をのっとられ、気づいたら転落しています。下記の記事を見てしっかりと自分の人生を内省し、お金や自分自身を支配できる人間になりましょう。

 

 

お金のトラブルを自分の人生から遠ざけようと思ったら、ここに出ていることをすべて考えなければおよそその目的は達成することができません。それだけお金というものは怖ろしい存在なんですね。私はたまにお金が、禍々しい人間の欲望が乗り移った、魔の造形物に見えます。

 

そして、弁護士や司法書士といったこの道の専門家を味方につけるということも大切ですね。自分だけではまかないきれない専門的なことは、お金を払って、勉強を積み重ねた専門家たちの力を借りて、乗り越えることも検討しましょう。そういう時のために、彼ら専門家は存在するのです。

 

借金

『ここに出ていることを全て考える』ことができたなら、必ずお金のトラブルとは疎遠の人生を送ることができるよ!だけど、それができる人はほとんどいないだろうね!

ぴよぴよ(うーむ)!

この章のまとめ
  • お金という存在を軽んじても重んじてもいけない。

 

 

関連記事

  1. 自己破産すると携帯電話は解約になる?手元に残せる身の回りのものとは

  2. リボ払いの際の元金と利息ってどうなってるの?元利均等返済と元金均等返済…

  3. 債務整理の支払いに困ったら法テラスの民事法律扶助制度を利用しよう!

  4. 任意整理をすれば闇金融からの借金を解決できる?

  5. 親や身内の借金の支払い義務はあるか?保証人や相続のケースとは

  6. 不倫関係を早く清算したい!不倫相手との上手な別れ方

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)