借金

家や自動車を担保に入れて借入をする方法!担保物権とは

質問

担保物権とは?

 

答え

家や自動車を担保に入れて借入をする際、債権者は『抵当権』や『所有権留保』を手にします。その権利のことを担保物件と言います。また、人的担保の場合は、『保証人』や『連帯保証人』を用意することになりますが、それらも担保物件と言います。

 

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

担保物権があれば、債権者は安心だね!債務者がお金を返せなくなったとき、担保物件からお金を回収すればいいんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

 

担保型融資のメリット

 

家や自動車を担保に入れてお金を借り入れすることができます。そのメリットは、例えば住宅ローンであれば使途が限定されずに利用できたり、不動産が担保になるため、通常の担保がない借金のケースと比べて金利は低めで、返済期間も長めで借りれるということです。

 

借金

 

また、債権者としても担保があることで安心できます。もし返済が滞ったらその担保物件を引き揚げて処分してお金に換え、返済金に充てることができるわけですからね。その安心の代わりに、安い金利と長い返済期間、あるいは比較的高額の融資を受けることができるということなんですね。

 

借金

 

債権者は『抵当権』という権利によって、それを行使することができます。抵当権とは、下記の記事も書きましたが、

 

借金の支払いを滞納した場合は強制執行?不動産売却?その流れとは

 

 

『金銭貸借の知識とQ&A』にはこうあります。

抵当権とは

債務者または第三者が担保物を提供しますが、担保物は自らの手元にとどめたまま使用することができます。 債権者は、返済が滞った場合などに、所定の手続きをとった上で、担保物の経済的価値の中から、他の債務者に優先して自分の債権の弁済を受けることができます。

 

不動産が典型、例えば、担保物が自宅不動産であれば、担保設定者は、そのまま自宅として使用できますが、債務者が借金を返さないときには、債権者は、裁判所の手続きに従って、担保つ物である自宅不動産を売却し、その売却代金から抵当権の順位に従って弁済を受けることができます。

 

債務者にとっても債権者にとっても、担保型融資というのはメリットがあるんですね。

 

借金

自己破産における別除権や担保権ってなに?

 

 

借金

抵当権は一番有名だね!なんとなく聞いたことがある人は多いと思うけど、とにかく抵当権を持っている人が、何か問題が起きたときにその家を売ってお金に換えることができるんだ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

 

 

この章のまとめ
  • 担保型融資のメリットば住宅ローンであれば使途が限定されずに利用できたり、不動産が担保になるため、通常の担保がない借金のケースと比べて金利は低めで、返済期間も長めで借りれるということ。

 

 

デメリット

 

債務者にとってのデメリットは、即日融資が不可能だということ。担保物件の調査や審査に時間がかかりますからね。また、支払いができなくなった場合にその担保物件を引き揚げられてしまうということです。

 

ですから、担保型の債務がある場合は、その債務だけを特別扱いして、担保を引き揚げられない様に考えることが優先されます。例えば、下記の記事に書いた様に、任意整理で支払いが滞った場合は、一括請求を受けます。

 

借金

 

借金

 

任意整理後に一括返済の請求をされたらどう対応すればいい?

 

任意整理の途中で一括返済する理由とは

 

 

そして、以下の記事で書いた様に、その一括返済にも対応できないとなると、最後には担保物件を競売に掛けられることになります。

 

借金の支払いを滞納した場合は強制執行?不動産売却?その流れとは

 

 

また、強制執行の考え方については下記の記事に書きました。

 

任意整理で強制執行は止められる?

 

 

債権者としても返済してもらわなければなりませんから、任意整理に合意したのに分割払いが出来なかった場合は、一括請求をして、それでもだめなら強制執行をするのは当然ですよね。何も、最初から強制執行をするわけじゃないんですから。

 

 

借金

債務者としては、もし返済が滞ってしまったらその担保物件をお金に換えられるということだけど、まあこうした強制執行は、しっかりと返済さえ怠らなければないわけだから!

ぴよぴよ(うーむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 債務者にとってのデメリットは、即日融資が不可能だということ。担保物件の調査や審査に時間がかかること。また、支払いができなくなった場合にその担保物件を引き揚げられてしまうということ。

 

 

整理する対象から外す

 

そうなってしまうと、自動車や持ち家といった担保物件を処分されることになってしまいますので、それを防ぐためには任意整理の段階で自動車ローンや住宅ローンを整理の対象から外すことが求められます。それについては下記の記事に書きました。

 

借金

 

借金

 

任意整理で整理する対象から外す必要がある借金とは

 

自動車ローンも任意整理の対象にできる?しないほうがいい?

 

住宅ローンを任意整理の対象から外すことはできる?

 

 

そうすることで、その担保型融資への支払いはそのまま継続されますので、何も問題なく返済を続けていくことができます。あくまでも、滞った場合や、任意整理をかけられた場合により、これらの担保物件を引き揚げられるということですからね。通常通り返済をしていれば、担保物件を処分されるということはありません。

 

 

借金

任意整理はこうして整理する対象を選ぶことができるからね!ほかの個人再生とか自己破産ではこういうことはできないから、任意整理ならではだね!

ぴよぴよ(なるへそ)!

 

 

この章のまとめ
  • 自動車ローンや住宅ローンを整理の対象から外すことで、引き揚げのリスクを避けられる。

 

 

担保や抵当権についての基礎知識

 

また、担保や抵当権については、下記の記事にも書きました。

 

担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?

 

 

このページにはこれらの知識が簡潔に書いてあります。

 

また、『金銭貸借の知識とQ&A』にはこうあります。

抵当権による貸金の回収

 

抵当権者は、貸付金の不払いがあった場合、裁判所の手続きにより目的不動産を売却し、その売却代金の中から優先的に貸付金を回収することができます。この抵当権の実行手続きを不動産競売と呼び、民事執行法180条以下に規定されています。

 

まず貸金の不払いがあった場合、抵当権者であった貸主は、裁判所に対して不動産競売の申し立てをします。次に、これを受けた裁判所が競売開始の決定をすると、担保不動産には、差し押さえられた旨の不動産登記がなされます。

 

不動産が差し押さえられたとしても、抵当権設定者は、売却まではその不動産を使用することはできます。その後、入札や競り売りなどの方法によってその不動産が売却され、抵当権者は抵当権の順位に従って売却代金から優先して配当を受けます。

 

 

借金

抵当権者は、抵当権を持った人。抵当権設定者は、抵当権を持たれた人。つまり、家の持ち主だね!不動産が差し押さえられたとしても、抵当権設定者は、売却まではその不動産を使用することはできるよ!

ぴよぴよ(でもすぐに退去っす)!

 

 

この章のまとめ
  • 担保や抵当権についての基礎知識を確認する。

 

 

抵当権者と抵当権設定者

 

住宅ローンを組んで持ち家を担保にしてお金を借りたとしても、返済が行われている限り、その家に住み続けることができます。また、『抵当権設定者』というのは債務者のことです。

 

  • 抵当権者=担保を押さえて融資をした人。抵当権を持っている人。
  • 抵当権設定者=担保を差し出して融資を受けた人。抵当権を押さえられた人。

 

ですね。 つまり、不動産が差し押されられたとしても、債務者は、売却まではその不動産を使用することが出来るんですね。ただし、下記の記事にも書きましたが、競売にかけられる前にいくつかやることがありますし、

 

借金の支払いを滞納した場合は強制執行?不動産売却?その流れとは

 

 

  • 『期限の利益喪失』
  • 『保証会社への代位弁済』
  • 『任意売却の交渉』

 

この3つの過程だけで半年から1年くらい平気でかかっているのが現状です。競売が行われるのはこれらの過程を経た後になりますね。

 

 

借金

だから返済が滞ってすぐに売られるのではなく、半年以上の時間をかけて、ようやく家を出ていくことになるとかそういうことだから、色々と準備をする時間はあるよ!

ぴよ(ふむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 抵当権者=担保を押さえて融資をした人。抵当権を持っている人。
  • 抵当権設定者=担保を差し出して融資を受けた人。抵当権を押さえられた人。
  • 返済が遅れて家が売られるまで、半年から1年くらいかかる。

 

 

住宅ローンの負担が苦しくなったら

 

また、もし住宅ローンの負担が苦しくなった場合は、以下の記事をご覧ください。『合法的に借金をゼロにする方法―1人でできた! 誰にも迷惑をかけない「借金整理」と知って得する「過払い金請求」』にはこうあります。

本当にあなたに持ち家が必要か?

 

いまだデフレ、リストラ、残業代・ボーナスカットは行われています。過去憎んだステップローン返済で毎月の返済額が上昇したりする時期にかかった人は大変です。ローンの負担が苦しくなり、生活費の支出を抑えても消費者金融業者からの借り入れに頼らなければ追いつかなくなったなら、『持ち家がどうしても必要なのか』をよく考えてください。

 

借家ではダメなのでしょうか。借家であっても、貸借人は法律上、十分保護されていますから、特に定期借家契約(公正証書によるなど、きちんとした方式を踏むことが条件になっています)でも結ばない限り、一方的に退去させられることはありません。

 

これが持ち家だと固定資産税の負担もあります。この先、どちらのほうがメリットがあるのかはわかりません。持ち家にこだわることにより、生活が苦しくなっているのであれば、よく考えてみることが大切です。

 

家族に病気の方がいて特殊な造りの家でなければ困る、仕事の関係上どうしてもその地域に住まねばならないが適当な借家が見つからないなどの事情があるならば、なんとしてでも持ち家を守ろうということになるかもしれません。

 

そういうことでもなければ、『仕方ない』と割り切る勇気ある撤退も大事なのではないでしょうか。不動産はまた余裕ができたときに買えばよいのです。大事なのは『健康で文化的に生きていくこと』です。

 

持ち家や車に執着しない考え方を持つことで、新たなる道が開拓されるかもしれません。読むべきなのは以下の記事ですね。

 

足るを知るは富む。足るを知らぬは貧しい。

 

 

 

借金

足るを知る者は富む。足りないと思えばいつまでたっても足りないからね!自分と向き合うことが求められるよ!

ぴよぴよ(うーむ)!

 

 

この章のまとめ
  • 本当に持ち家が必要かを自問する。

関連記事

  1. 自己破産を行った後の生活はどう変わる!?

  2. 自己破産をして債権者から訴えられた場合の対処法とは?

  3. 個人再生は無職や生活保護の受給者でも申請できる?

  4. 自己破産したことを家族や会社に知られない方法+会社を辞めない方法

  5. 特定調停のメリットとデメリット(完全版)!

  6. 自己破産と生活苦。どちらが先かで抜け出す方法は違う!

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)