借金

借金の返済不能問題で最も有効な手段『債務整理』にかかる弁護士費用

質問

債務整理にかかる弁護士費用ってどれぐらいなの?

答え

明確な基準はありませんので断定できませんが、およそ5~100万円の範囲内です。債務整理の種類によって違います。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

債務整理の料金はいくらかかるのか知りたいよね!でも、債務整理っていうのは実は種類がたくさんあって、『任意整理、民事再生、過払い金請求、自己破産』のどれを選ぶかによって、料金が全く異なってくるんだ!詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

債務整理の選択

クレジットカードやカードローンなど、カードはとても便利なので利用している方も多いことでしょう。お金が必要になった時、金融機関に申請すればすぐに融資をしてくれます。

 

そのため、つい使い過ぎてしまう人もいるようです。クレジットカードやカードローンなどは、複数の金融機関から利用できます。そのため無計画に利用すると、いずれ支払いに支障が出てくる可能性があります。

 

このようなカードを利用する時は、事前に計画を立てて行うことが大切です。借金額がかさむと支払い不能に陥る場合もありますので、これから利用する人は十分注意してください。一度支払い不能に陥ると債権者からの取り立てが待っていますので、精神的にもきつくなります。

 

借金

 

しかしお金を貸している金融機関の中には、高い金利で融資しているところもありますので、債務整理などの方法を行うことでお金が返ってくることもあります。

 

債務者の中には、債権者からの取り立てに耐えることができなくて自己破産を選択する人もいます。しかし自己破産の方法を選択すると、クレジットカードを作れないなど信用の問題も出てきます。また自己破産をすると、勤務先にも迷惑をかける場合が出てきますので、極力避けたいものです。

 

借金の返済不能と聞くと、つい自己破産をイメージしてしまう人も多いと思います。自己破産はテレビや新聞のニュースなどでもよく見かけますので、その内容をご存知の方も多いことでしょう。しかし他の方法で解決できる可能性もありますので、まずは専門家に相談してみるのも一つの方法です。

 

法律の専門家というと弁護士や司法書士がいますが、相談すれば最適な方法を提示してくれます。借金の返済不能について、最も有効な手段は債務整理です。債務整理の中には自己破産もありますが、これはあくまでも最終選択であり、その前に有効手段はあります。

 

そして、この時多くの方が気になるのが料金ではないでしょうか?法律家に依頼する場合、どの程度の費用がかかるのか気になるところです。

 

借金

 

ニワトリ

クレジットカードなどの利用によって、気づいたら借金が膨らんでいることがあるね!返済が滞って、にっちもさっちもいかなくなったら、債務整理をして借金を整理することが必要になるね!

ぴよぴよ(債務整理っすね)!

そのうち、自己破産なんかは最後の選択肢で、その他にも債務整理の方法があるから、一つ一つ慎重に確認して、自分に合った整理方法を見つけよう!

ぴよぴよ(嫌っす親分、破産は嫌っす)!

この章のまとめ
  • カードはとても便利なので無計画に利用すると、いずれ支払いに支障が出てくる。
  • 金融機関の中には高い金利で融資しているところもあり、債務整理などの方法を行うことでお金が返ってくることもある。
  • 借金の返済不能について、最も有効な手段は債務整理
  • 自己破産はあくまでも最終選択。

 

債務整理の料金相場

借金の支払いが難しくなった時、法律の専門家に相談すると様々な方法を提示してくれます。その中の一つが債務整理です。銀行や消費者金融などの金融機関から多額の借金をしてしまい、高い金利が原因で支払い困難になった債務者が行う方法です。

 

債務整理を行うことで高い金利の債権を正常化でき、毎月の支払いの負担も軽減できます。そのため最終的な選択である、自己破産の選択も回避できます。債務整理には、

 

 

などの方法があります。これら方法を実際に行う場合、法律の専門家である弁護士に依頼する場合が多いです。当然のことながら、法律家に依頼するとある程度の費用がかかりますので、前もって用意しておく必要があります。費用についてはそれぞれの法律事務所によって異なりますので、事前にリサーチしておくと良いでしょう。

 

その中には初めて依頼する人も多いといますが、その場合だいたいの相場が分かれば助かります。結論からいうと、

 

専門家に債務整理などを依頼する場合の報酬額に明確な基準はありません。

 

各自の債務状況、返済状況、債務者の職業、収入、生活状況など、様々な要素を考慮する必要があります。これら要素によって、実際の費用は変わってきます。

 

また、事件の難易度によっても異なります。さらに債務整理の方法、「任意整理」や「個人再生」といった種類によっても報酬額は異なります。そのため専門家は、依頼主である債務者と協議をして報酬額を自由に決めることができます。

 

このように専門家は依頼者と協議して報酬を決めることができますので、はっきりとした相場はありません。しかし相場が明確でないといっても、報酬についての基本原則の規制は存在しています。

 

 

ニワトリ

債務整理に関する報酬の明確な基準は決まっていないんだね!でもこれは、ちょっと調べて見ればすぐに相場が見えて来るよ!今ではインターネットがあるから、それで10社ぐらいぱっと調べて、料金を比較してみれば一発だよね!大体の値段が出て来るはずだよ!

ぴよぴよ(大体5~100万円っす)!

この章のまとめ
  • 債務整理を行うことで高い金利の債権を正常化でき、毎月の支払いの負担も軽減できる。
  • 債務整理には、『任意整理』、『特定調停』、『民事再生』、『自己破産』、『過払い金請求』がある。
  • 専門家に債務整理などを依頼する場合の報酬額に明確な基準はない。
  • 相場が明確でないといっても、報酬についての基本原則の規制は存在している。

 

上限制限

専門家に債務整理の依頼をする時、料金が気になる人も多いと思います。しかし前述のように明確な相場はありませんので、個々の法律事務所を比較検討して見る必要があります。

 

債務整理における報酬額の相場は存在しませんが、日弁連は2011年の臨時総会で「債務整理事件処理の規律を定める規定」を定めました。2011年の4月以降に受任した債務整理事件については、この規定に沿って行うことになっています。

 

「債務整理事件処理の規律を定める規定」では、任意整理事件の着手金の上限規制は定めていませんが、報酬金については、

 

  • 解決報酬金
  • 減額報酬金
  • 過払金報酬金

 

の上限規制はあります。

 

ニワトリ

相場はないんだけど、解決報酬金何かの上限規制がある程度あるんだね!だからあまりにも法外な値段をつけられた場合は、文句を言うか、違う弁護士なんかに依頼して問題を解決してもらった方がいいかもしれないね!結局人間は、最終的にはは自分の身は自分で守るのが大事だよ!

ぴよぴよ(でも、滅多に変な業者はいないっす)!

この章のまとめ
  • 「債務整理事件処理の規律を定める規定」では、任意整理事件の着手金の上限規制は定めていないが、報酬金については、解決報酬金等の上限規制はある。

 

各事件によって料金は異なります

このように債務整理についての料金の相場ありませんので、事件の内容によっては料金が高額になる場合も考えられます。債務整理事件では、様々な行為が必要です。債務整理の事件の内容によって、債権者との交渉や債務額を確定するための調査、過払い金がある際の返還交渉など様々な行為があります。

 

借金

 

その他にも、以下の内容などが求められます。

 

債務整理で弁護士が求められること
  • 裁判所に提出する書類作成
  • 裁判所などへの同行
  • 債権者と合意した際の合意書作成
  • 訟になった時の訴訟書類作成
  • 手続き、交渉料金

 

そして訴訟になった時は訴訟費用などが別に必要になりますので、債務整理事件に加算されて請求されることもあります。これらの料金を考えると、総料金は高額になってしまうケースも多いようです。

 

ニワトリ

まあでもこういうことを想定して、5~100万円と言ったんだけどね!通常は、50万円以下で済むのがほとんどだから!100万円見ておけばほとんど大丈夫ってことなんだよね!手続きの複雑さや、手間がどれくらいかかるかによって、もちろん様々な経費がかかっちゃうからね!

ぴよぴよ(ケースバイケースっす)!

この章のまとめ
  • 債務整理で弁護士が求められることはたくさんある。

 

債務整理に必要な料金

債務整理事件では様々な報酬が発生しますが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?債務整理事件を依頼する時に必要な料金は、以下等の報酬です。

 

債務整理に必要な料金
  • 着手金
  • 手数料
  • 報酬金
  • 過払い金返還報酬金

 

これら報酬は、各自の債務整理の種類、債務額、さらに債権者の数などによって変わってきます。

 

借金

 

まず着手金です。専門家に債務整理事件を依頼する際、最初に着手金を請求されます。着手金というのは、債務整理事件の成否に関係なく必要になる料金です。

 

次に報酬金です。報酬金は、債務整理などの事件解決の成功程度によって受ける報酬をいいます。報酬金については基本報酬額を始め、減額報酬金、過払い金報酬などの報酬があります。

 

そして手数料です。手数料は、債務整理手続きに関する事務処理経費をいいます。手数料はそれぞれの法律事務所によって異なりますので、相談する際に尋ねてみると良いでしょう。

 

債務整理に必要な料金

着手金 専門家に債務整理事件を依頼する際にかかる費用
報酬金 債務整理などの事件解決の成功程度によって受ける報酬
手数料 債務整理手続きに関する事務処理経費

 

このように、債務整理を行う場合様々な報酬がかかりますので用意しておいてください。また法律家事務所に相談すると、だいたいの額を提示してもらえますので参考にしてみてください。

 

ニワトリ

こういうのを全部入れて、5~100万円だからね!だけど実際には、100万円もかからないことが9割以上だから、どーんと100万円ほど予想しておけばいいんだ!後は、どれくらいそこから安くできるかを考えていけばいい!

ぴよぴよ(安いと思ってると、高かった時にショックっす)!

この章のまとめ
  • 債務整理には『着手金』、『報酬金』、『手数料』、『過払い金返還報酬』等がある。

 

報酬の支払い

債務整理事件は内容によって報酬が異なりますので、場合によっては高額になるケースも少なくありません。ですので、報酬を支払えないと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし心配する必要はありません。法律事務所の中には、後払いや分割払いに対応したところもあります。分割払いであれば債務者の負担も軽減されますので、一度相談してみると良いでしょう。

 

借金の支払い不能を回避するため、専門家に債務整理を依頼する人も少なくありません。弁護士に依頼する場合、気になるのがその料金ではないでしょうか。債務整理には相場料金がありませんので、個々の事件によって算出することになります。詳しいことは相談の際に尋ねてみると良いでしょう。

 

 

ニワトリ

中には分割払いを許諾してくれる弁護士がいるんだね!また、法テラスなんかの無料相談サービスもあるから、様々な選択肢を一度慎重に考えてから行動したほうがいいよ!

ぴよぴよ(たしかに)!

料金的には相場はないけど、何度も言うように100万円見ておけば間違いないし、後は、どれだけそこから安くできるかを一つ一つ考えていくのがいいね!

ぴよぴよ(分割は助かるっす)!

この章のまとめ
  • 法律事務所の中には、後払いや分割払いに対応したところもある。
  • 法テラスなどの無料相談サービスもある。

 

 

関連記事

  1. 借金における自転車操業の最善の解決策は、本当に自己破産?

  2. 自己破産手続きの弁護士費用は、着手金を分割にすることで解決する?

  3. 自己破産の仕組みを簡単に解説!

  4. 債務整理事件処理の規律を定める規程。過払金返還請求のつまみ食いについて…

  5. 借金の時効期間の経過によって未払い金の支払義務がなくなるのは本当?

  6. 破産申立人が守るべき法律上の義務とは(免責不許可事由10)

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)