借金

借金返済のための臓器売買の実態!腎臓一つが2000万円?

質問

借金で困ったとき、腎臓を売れるって本当なの?

答え

正規以外の方法で内蔵を売買するのは違法ですので注意してください。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

よくテレビドラマで見るけどさ、『お前の内臓売ってもらうぞ!』なんていって、怖い人がお金の代わりに取り立てようとすることってあるよね!あれって実際にはあるんだろうか?また、売れるならいくらで売れるんだろう?詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

借金支払いのため

人間は全て健康な方ばかりでなく、その中には病気にかかって苦しんでいる人もいます。病気にかかった時は病院で治療を受けたり、また自然治癒力で治すこともできますが、その中には現代医学では解明できない病気もあります。また交通事故などで内蔵が外部損傷を受けた時は、他の内蔵と交換するしか方法がない場合もあります。

 

そのため日本を始め世界各国で、私たちの内蔵を売買してお金に換える取引が実施されており、時には事件として報道されることもあります。

 

借金

 

このような話は信じがたいものですが、実際に行われているのが現状です。内蔵の売買については、技術としては確立されているようです。

 

通常は、正規の方法によって内臓移植の手術が行われます。しかし世界各国に実際に病気で苦しんでいる方が多いので、患者全てを補うだけのドナーの登録が追いついていません。そのため、いくら合法的な手術を受けたいと思っていても、なかなか自分の番が来ないのです。その間にも病気が進行していき、亡くなる方も少なくありません。

 

そのような事情がありますので、暴力団などの違法勢力が内蔵売買をビジネスとして取り扱っているようです。しかしいくら借金の返済に困っているからといって、正規以外の方法で内蔵を売買するのは違法ですので注意してください。

 

借金

 

ニワトリ

以前も海外のドキュメントで、お腹に痛々しい手術痕がある人がいて、『お金に困ったから内臓を売った』って言ってたよ!その場所はスラム街だったね。衛生面も劣悪で、先進国の人ならよほど物好きじゃなきゃいられないような場所だった。だけど、本当に臓器の売買が存在しているんだよね!

ぴよぴよ(怖いっす親分、俺、内臓売るの怖いっす)!

この章のまとめ
  • 内蔵の売買は実際に行われている。
  • これには患者全てを補うだけの、ドナーの登録が追いついていない背景がある。
  • 正規以外の方法で内蔵を売買するのは違法

 

内蔵売買の実情

一般的に内臓提供者であるドナーは、生前に自分の内蔵を提供する意思表示をした方から移植されます。そのため実際の内蔵移植については、亡くなった後の遺体から採取すると思っている方が多いでしょう。

 

しかしその一方で、自分の内臓を売って借金返済に充てる人がいるのも事実です。たとえ内蔵を採取してもその後に生活できるのであれば、内蔵を売買を行う人が出てきてもおかしくありません。

 

しかし内蔵を取り出しても、本当に生活には支障はないのでしょうか?内蔵売買については、内蔵を取り出しても生活できるかどうかに大きなポイントがあるといえます。人間の内臓は左右対象に付いている物もあり、例としてはな肺や腎臓どがあります。肺や腎臓などについては、たとえ片方の臓器が機能不全になった場合でも、それですぐに健康に支障が出ることはありません。

 

借金

 

さらに肝臓は一つしか存在しませんが、肝臓の一部を切除して移植することで、ドナー、患者それぞれが生きることができます。このように私たちの内蔵は、たとえ一方、またその一部がなくなっても、すぐに生活に影響が出ることはありません。そのため借金の返済に困っている人は、自分の内蔵を売ってお金に換えようという行動に出るのです。

 

内蔵にも色々ありますが、その中でも腎臓は商品としてよく取引されているようです。海外での取引が多く、腎臓一つでおよそ2000万円程の価格が付くことも珍しくないようです。世界各国ではこのように内蔵の売買が行われていますが、売買の対象者に日本人が好まれる傾向があります。

 

というのも、日本人の腎臓はキレイなものが多いからです。内臓は高額で取引されることが多いので、自分の負債をなくすために海外で報酬を得る人もいるかもしれません。

 

借金

 

ニワトリ

だけど、さっき話した海外のスラム街の人は、自分の内臓をそんな大金で売却していなかったよ!もっと格安だった。詳しくは覚えていないけど、50万円もいかなかったかね!もっと安かった。

ぴよぴよ(ひええ)!

何しろ、そんな大金を手に入れてたら、そのスラム街に戻ってこないからね。戻ってきてしまうような、わずかの金額しかもらえなかったんだ!

ぴよぴよ(物騒っす、この話、全部物騒っす)!

この章のまとめ
  • 左右対象に付いている内臓は片方の臓器が機能不全になった場合でも、それですぐに健康に支障が出ることはない。
  • 海外での取引が多く、腎臓一つでおよそ2000万円程の価格が付くことも珍しくない。
  • しかし生活費程度の格安でしか売れない場合もある。
  • 日本人の腎臓はキレイなものが多いため好まれる傾向がある。

 

売買される場所

内蔵は高く売れますので、諸外国の中には取引が定着しているところもあります。しかし実際は、どこの国で売買が行われているのでしょうか?

 

世界的に見た場合、内蔵の売買が多いのは中国です。承知の通り、中国は人口が多いことでも知られています。また人口が多いことに加え、日本のように人権に対しての意識が希薄なことでも知られています。日本と比べて中国では死刑の数も多く、死刑執行者の内臓を取り出し、闇のルートを介して売却するケースが多いようです。

 

借金

 

実際は分かりませんが、内蔵売買がビジネスになってる地域もあります。そして中国以外にもインド、フィリピンといったアジア諸国、中東のISISでも実際に行われているといわれています。このように、内蔵売買は儲かるビジネスとして行われているのが実情です。

 

諸外国での内蔵売買の話はよく聞きますが、日本国内ではどうなっているのでしょうか。日本国内ではニュースなどはあまり目立つことはありませんが、数としては結構多くなっています。つい最近も臓器移植法違反の容疑によって、指定暴力団員とホームレス男性が逮捕されています。

 

日本では海外と連動して行われることも多く、実際の相場も様々です。国内の相場は、

 

  • 肝臓200万~300万円程度
  • 角膜約10万円
  • その他の生体心移植500万円

 

になっています。このように借金返済などのために、水面下での取引が横行しているのが実情です。

 

日本国内の臓器売買額の相場

肝臓 角膜 生体心移植
¥200~300万 ¥10万 ¥500万

 

借金

 

ニワトリ

実際にこうやって考えてみると生々しいね!でも、お金に困った女性が風俗嬢になって『体を売る』ように、やむを得ず、人は、何かをしてお金を作り出さなければならない状況っていうのがあるんだ。

ぴよぴよ…(うーむ…)!

もちろん、だからといって何をしてもいいってわけじゃないんだけどね。元は正規の発想だけだからよかったんだけど、悪い人たちが『なるほど、その手があったか』なんていって、闇のルートが確立されていったんだね。

ぴよぴよ…(ガクガクブルブル|д゚)…)!

この章のまとめ
  • 世界的に見た場合、内蔵の売買が多いのは中国
  • 中国では死刑執行者の内臓を取り出し、闇のルートを介して売却するケースが多い。
  • 中国以外にもインド、フィリピンといったアジア諸国、中東のISISでも実際に行われている。

 

債務整理

借金の額が膨らむと早く返したいと気が焦り、違法行為に手を出す人も出てきます。早く完済したいその気持ちは分かりますが、正当な方法で行うのが理想です。

 

このような、借金支払いに困窮した人たちがよく利用するのが債務整理です。債務整理を行えば、支払いに余裕が出たり、債務全てを免除されることもあります。債務整理は、多重債務の解決手段としてよく利用されています。その中の一つが任意整理です。

 

任意整理は債権者との協議により、借金の支払い額や借金そのものの額を見直す解決方法です。債務整理を行うには、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼することがほとんどです。弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると、現在背負っている債務の利息を再計算したり、支払い方法を変更したりして解決を図ります。

 

この場合、消費者金融などの金融機関に直接電話して交渉します。債務整理の多くは、この任意整理です。任意整理は利息制限法に沿って利息の再計算を行いますので、借金総額の減額を期待できます。

 

 

債務者の中には利息を支払い過ぎている人も多いので、その場合は同時に返還交渉も行います。弁護士や司法書士の中には、過払い金請求を専門に行っているところもありますので、確認しておくと良いでしょう。その他にも、長期分割の支払い方法を交渉したりして、毎月の支払い額を軽減することも可能です。

 

 

次に特定調停です。特定調停は、簡易裁判所の調停委員の協力の元で行われます。債権者に対して、借金減額や分割払いの条件を交渉する方法です。特定調停は利息制限法に沿って利息を再計算しますので、借金残高の減額を期待できます。しかし特定調停はデメリットも結構多いので、任意整理を行うのが一般的です。

 

 

次は民事再生(個人再生)です。個人再生は裁判所に対して申立てを行い、原則として借金の一部を3年間で支払うことを条件にして、残りの借金を免除してもらう方法です。個人再生を利用する条件としては、住宅ローンを差し引いた借金が5千万円以下であること、また将来的に一定の収入が見込めることです。

 

 

最後に自己破産です。自己破産は裁判所に対して破産申立てを行い、債務の免除受ける方法です。自己破産によって免債が決まれば借金はなくなりますが、同時に財産もなくなります。

 

このように、債務整理も一つの方法といえます。借金を支払うために内蔵売買など、違法行為を行う人も少なくありません。借金については債務整理などの正当な方法もあります。まずは、弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

 

ニワトリ

内臓を売る前にできることがあるはずだよ!まずは債務整理から考えてみよう!借金がなくなれば、『内臓を売ろう』なんていう発想も出てこないわけだからね!

ぴよぴよ(たしかに)!

問題は『内臓がいくらで売れるか』ではなくて、『借金をどうやったらなくせるか』ということ、そして、『どうしたら借金体質を改善できるか』だよ!

ぴよぴよ(怖いことは考えないでほしいっす)!

この章のまとめ
  • 借金を支払うために内蔵売買をするくらいなら、債務整理を検討する。

 

 

関連記事

  1. カードの未払い督促が届くと利用停止?強制解約?給与差し押さえ?その流れ…

  2. 自己破産申し立てに必要な15の書類と陳述書21の注意点

  3. 借金をしてギャンブルを繰り返す夫や妻に規制をかける

  4. 自己破産直前にすることは借金の返済ではなく、影響を与えてしまう家族と話…

  5. 手続きの種類によって自己破産にかかる時間は違う?早く終わらせるポイント…

  6. 高額セミナーで失敗し、借金を自己破産をしてしまう人へ

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)