借金

弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合の注意点とは

質問

弁護士の電話相談の費用はいくら?無料相談の場合に注意することってある?

答え

基本的に、30分以内であれば相談料は無料の場合が多いです。しかし、それ以上になると有料になるので注意が必要です。事前に情報をまとめておきましょう。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

弁護士に相談する時は、まず電話での無料相談がいいね!その30分で、フィーリングが合う人かそうじゃない人かっていうことも見えてきたりするし。不得意な人が担当になってもうまくいかないしね!今回は弁護士の電話相談に関する事情を詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

相談する時の注意点

法律の問題は素人では対応できないものが多いですが、そういう時に頼りになるのが法律の専門家である弁護人です。全国に法律事務所がありますので、法律の問題で悩んでいる方は一度連絡してみてはいかがでしょうか?

 

しかし、初めての方は色々と不安ごとも多いかもしれません。

 

借金

 

また、相談する場合の料金が気になる人もいるでしょう。様々な法律事務所がありますが、その中には無料相談を行っているところも少なくありません。また初回の相談が無料で、それ以降は時間によって料金が決まっているところもあります。実際の費用は、それぞれの法律事務所によって変わってきますので、事前に問い合わせておくと良いでしょう。

 

 

その場合は無料相談の内容、費用、今後の流れなども一緒に聞いておくとスムーズに進みます。弁護人への無料相談と聞くと法テラスが有名ですが、いくら有名であっても実際に相談してみて初めて、その雰囲気が分かることもあります。また法律事務所によって、対応してくれる弁護人のサービス内容も異なります。良い対応をしてくれる弁護人もいれば、もちろんその反対のケースもあるでしょう。

 

しかし、それ以前に相談者の悩みを解決することが大切ですので、相談内容を弁護人にしっかり伝えることができるかどうかが大きなポイントといえます。いくら対応の良い弁護人であっても、相談内容が不明確であればそこから先に進むことはありません。

 

相談の時間が決まっていますので、その間に要点を的確に伝える必要があります。そのため弁護士に相談する時は、相談内容をしっかりと伝えられるよう事前にまとめておくと良いでしょう。

 

 

ニワトリ

法テラスでも弁護士でも、相談する前に事前に情報をまとめておくことがポイントだね!そうすればお金が発生する場合でも、無駄な時間を使って余計にお金がかかることもないし、質問が具体的であればあるほど、具体的な回答が返ってくるからね!

ぴよぴよ(具体的に質問し、具体的な回答をもらうっす)!

この章のまとめ
  • 弁護士に相談する時は、相談内容をしっかりと伝えられるよう事前にまとめておく。

 

無料相談での不安要素1

法律事務所では無料相談に対応しているところもありますので、料金が気になる方は無料の相談を利用してみるのも一つの方法です。しかしいくら無料といっても、やはり心配事はあるものです。弁護人への相談と聞くと、何かしら高いハードルのイメージを持つ人も少なくありません。

 

借金

 

私たちが日常生活を送る上で、日頃弁護人に関わるようなことはそう多くはないからです。そのため、いざ自分がその立場になると、様々な不安要素が出てきます。しっかりと相談するためにも、まずはあなたの不安要素を解消していくことから始めてください。

 

不安要素の一つに無料の意味があります。無料で相談できるといっても、本当に費用がかからないのか心配している方も少なくありません。弁護人への無料相談は、本当に全て無料でできるのでしょうか?

 

法律事務所での看板、広告、またチラシや新聞広告で、無料相談の宣伝をよく見かけることがあります。しかし実際はどうなのでしょうか?全く料金を支払うことなく、相談はできるのではないでしょうか?

 

結論から、相談は全て無料ですが、その後に仕事を依頼する時は料金がかかります。また相談時間が決まっているところもあり、例えば最初の30分間は無料でも、それ以降の相談は料金がかかるところもあります。これは、ある意味当然のことであり依頼者側が何かしらのサービスを受けるとなると、やはりそれに対する対価は支払う必要があります。

 

借金

 

そのことを承知で無料の法律相談を行っていますので、初めての方でも安心して受けることができます。このように一言で無料といっても、無料そのものは結構広い意味であることを認識しておく必要があります。

 

ニワトリ

無料相談とは言っても、時間制限があったり、『結局』有料になってしまう、ということは覚悟した方がいいかもね!入口を無料にして入りやすくして、それで実際には有力な情報を得るために有料になるっていう。

ぴよぴよ(ある種の手口っすね)!

でもまあ、そんなことどこの世界でも行われていることだから、あまり責められないね!あっちも生計がかかっているから!

ぴよぴよ(プロへの対価は払うべきっすね)!

この章のまとめ
  • 法律事務所では無料相談に対応しているところもある。
  • 相談は全て無料だが、その後に仕事を依頼する時は料金がかかる。

 

無料相談での不安要素2

無料相談での不安要素として、対応してくれる弁護人の資質問題があります。法律事務所は全国にありますが、当然のことながら法律事務所の数に比例して弁護人の数も増えてきます。そのため様々な性格、資質の弁護人が存在しています。

 

初めて無料相談を利用する方は、相手の弁護人がとても気になることと思います。通常、弁護人に対する相談料は、1時間で1万円程度が相場といわれています。もちろん法律事務所によって異なりますが、依頼者側にしてみたら弁護人の選任も大きな問題の一つといえます。そのため、事前にお試しサービスのようなものがあれば、依頼者も選びやすいのではないかと思います。その意味でも無料相談はとても大切なものです。

 

借金

 

このような無料相談サービスは、他の業界でもよく行なわれています。例えばリフォーム会社やレンタル会社など、ある商品を選ぶ際、最初にお試しや見積りなどを行って決めるのと同じです。相談者の利便性を考慮すれば、無料相談というサービスを提供している弁護人は、専門家の中でも信頼できる人たちと判断できます。そのため、まずは無料相談の有無によって、弁護人を判断するのも一つの方法といえます。

 

現在、日本に在籍している弁護人は3万人を超えています。この中から自分の地域の弁護人を検索しても、かなりの数になります。そのため自分に合った弁護人を選ぶには、相談する分野に精通した人を見つけることが大切といえます。

 

例えば皆さんが離婚問題を相談したいのであれば、「離婚問題」を得意とした弁護人、また相続問題の相談をしたい時は「遺産相続を得意としている弁護人」など、各自の専門分野、得意分野から入っていくのも一つの方法です。専門分野、得意分野については、インターネット上の口コミサイト、また弁護人選任についてまとめた、まとめサイトなどを参照してみると良いでしょう。

 

無料相談を実施しており、相談したい分野に精通している弁護人であれば、安心して相談できるのではないでしょうか。

 

借金

 

ニワトリ

だから、無料相談のサービスを上手に使うことが問われるわけだね!あっちが無料を入口にしてビジネスにつなげるのであれば、こっちもその無料を利用して、『自分に合った弁護士を探す』わけだ!これならなんか、得した気分になるよね!こういう知恵を一つ覚えておこう!

ぴよぴよ(なるへそ)!

この章のまとめ
  • 弁護人に対する相談料は、1時間で1万円程度が相場。
  • 弁護士にも得意不得意がある。

 

電話での無料相談

各地の法律事務所では、無料相談を実施しているところも少なくありませんが、その相談方法が気になる人もいるでしょう。弁護士への相談方法も様々で、面談による相談、電話相談、メール相談、FAXでの相談などです。その他にも様々な方法を行っているところがありますが、電話で相談する人も少なくありません。

 

無料相談でとにかく早く相談したい場合は、やはり電話での無料相談がおすすめです。電話相談の大きなメリットは、やはり反応の早さではないかと思います。相談者の中には緊急を要する人も少なくありませんが、その場合は一刻も早く回答が欲しいところです。緊急を要する相談の場合、弁護人に電話で内容を伝えるだけでも意味があります。しかし時間が制約されていますので、伝える時は簡潔に行うようにしてください。

 

借金

 

それぞれの法律事務所によって変わってきますが、電話で行う無料相談は、長い場合であっても30分程度と見ておくと良いでしょう。規定の30分を超えると、それ以降は料金がかかります。または電話による相談は、途中で打ち切られることもあります。もし相談内容が30分を超えそうな時は、メールやFAX相談など、他の方法を考慮してみると良いでしょう。

 

またじっくり相談したい方は、やはり法律事務所での面談をおすすめです。電話で済む相談であれば電話相談、電話では難しい時は他の方法を選ぶなど、その場に応じて対応してみてください。

 

法律問題の悩みがある方たちがよく利用するのが、法律事務所で実施されている無料相談です。無料相談の内容はそれぞれの法律事務所によって異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。そして相談方法の種類も多いので、自分に合った方法を選んでください。

 

ニワトリ

メールやFAX等、様々な手段があるけど、電話での無料相談がおすすめだね!その場合、時間制限に注意して行おう!また、ポイントとしては、簡潔に、かつ具体的に、要所を抑えられるように相談しよう!意味のない世間馬話はしないようにすることが大事だね!時間が限られてるんだから!

ぴよぴよ(ついつい違う話をしてしまうっす)!

どうしてもじっくり話したい人は、やっぱり無料にこだわらず、直接話をしに行った方がいいね!ケースバイケースさ!

ぴよぴよ(はい)!

この章のまとめ
  • 電話で行う無料相談は、長い場合であっても30分程度と見ておくと良い。
  • じっくり相談したい人は、法律事務所での面談をおすすめ。

 

 

関連記事

  1. 自己破産が原因で会社をクビになる可能性はある?

  2. 消費者金融への返済は効率よく!元金と金利の割合を確認しながら上手に

  3. 消費者金融の申し込みで嘘は厳禁!申し込みブラックは履歴にも残る!

  4. 個人事業主の個人再生基本知識!売掛金と買掛金の扱いはどうなる?

  5. 失踪した方が借金の問題を簡単に解決できる?いや、実際は違う。

  6. 借金は親子であれば身代わりしなければならない?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)