借金

お金を貸して(借りて)いた人が死んだ場合の借金の行方

質問

お金を貸して(借りて)いた人が死んだ場合、借金はどうなるの?

答え

借りていた場合は、借主の相続人に支払い義務が移ります。貸していた場合は、貸していた人の遺族がその債権、つまり権利を相続した場合、その相続人が次の債権者となります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

例えば、自分の父親が亡くなってしまった。そして、父親はどうやら借金をしていたらしい。では、その借金の行方はどうなるんだろう?ここではそんな疑問について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

お金を貸していた人が死んだ場合の請求

借主の相続人に支払い義務が移る。遺産分割というのは相続人間の内部的な問題であり、これによって債権者の利益が害されないように、対外的な関係では法定相続分に応じて債務が各相続人に帰属していることになる。

 

ただし、『相続開始を知った日から3か月以内』に相続放棄をした場合、相続人に請求することはできなくなる。相続放棄は、故人の価値のある遺産を受け継ぐことが出来ない代わりに、価値のない遺産、つまり『借金』も受け継がなくていい、というものである。

 

ニワトリ

死んだ家族に借金があった場合、『相続放棄』をすればその借金を付け継がなくてもいい、っていうことになるよ!遺産相続は、プラスの財産だけでなく、こうしたマイナスの財産もあって、それぞれ、それを受け継ぐか放棄するか選べるってことだね!

ぴよぴよ(3カ月以内がポイントっす)!

 

お金を借りていた人が死んだ

この場合も、貸していた人の遺族がその債権、つまり権利を相続した場合、その相続人が次の債権者となる。

 

死んだ父が連帯保証人だった

この場合も、相続放棄の考え方と同じ。支払う必要があるし、放棄すればない。

 

 

ニワトリ

お金を借りていた人が亡くなってしまった場合、(借金がなくなってラッキー!)と思うのは不謹慎だけど、人間だから、実はほんのちょっとでもそういうことが頭をよぎるね!だけどそういう場合は、その債権を誰かが相続した場合、その人に払うことになるよ!

ぴよぴよ(どちらの場合も相続がカギっす)!

この章のまとめ
  • 借りていた場合は、借主の相続人に支払い義務が移る。
  • 貸していた場合は、貸していた人の遺族がその債権、つまり権利を相続した場合、その相続人が次の債権者となる。
  • 『相続開始を知った日から3か月以内』に相続放棄をした場合、相続人に請求することはできなくなる。

 

 

関連記事

  1. 住宅ローンの月々の返済額が低いという『麻痺』に注意せよ!(+借入限度額…

  2. 債務者の借金が失効すれば、債務の保証人も借金の支払い義務が免除される?…

  3. 住宅ローン、クレジットカードにおけるボーナス払いの借金の返済

  4. 婚姻費用、子供の養育費の請求権(免責とならない主な債務1)

  5. 自己破産における相殺の対象とは?どういう時に認められる?

  6. 自己破産をすれば(連帯)保証人の責任も無くなる?騙された場合は?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)