借金

利用目的によって消費者金融での融資・審査に違いは出るのか?

消費者金融における利用目的は重要!

消費者金融の申し込みでは、必ず利用目的を問われます。それは一体なぜでしょうか?使い道を限定していないにもかかわらず、なぜ利用目的を聞いてくるのでしょうか?また、その回答を拒否したり正直に答える事によって審査にはどう影響するのでしょうか?利用目的と審査の関係は、案外知っているようで知らない方がほとんどです。そこで、消費者金融を利用する目的と審査の関係について以下に見て行きましょう。

 

消費者金融

 

審査における利用目的の役割

本来、消費者金融での融資には利用目的を原則問わないものがほとんどです。消費者金融の提供するフリーキャッシングやカードローンがそれにあたります。しかし、「使い道自由!」とは言っても申し込み時には利用目的を任意で記入する箇所がありますし、対応スタッフにも「差し支えなければご利用目的を教えて下さい」などと必ず確認をとられるでしょう。つまり、消費者金融の審査において利用目的は実質切って切り離せないものなのです。

 

任意だからと利用目的を明かさなかったり、融資希望額と釣り合わない利用目的を適当に回答してしまうとそれだけで審査には非常に不利となるでしょう。

 

消費者金融

 

審査に置ける利用目的は、申し込み者が計画的な収支プランを考えているか、融資するに値する利用目的であるか、返済の見込める利用目的であるかを判断するために聞かれているのです。申し込みでは嘘の申請をしないことが第一ですし、そもそも当初の目的以外で借入金を利用してしまったら収支計画が成り立ちません。消費者金融を賢く利用するためにも、利用目的は正しく回答するようにしましょう。

 

審査に不利な利用目的と有利な利用目的とは?

嘘偽り無く利用目的を回答するとはいっても、消費者金融の審査にとって利用目的が大きなウェイトを占めているのは明白です。そうなると気になるのが、審査に通るセーフラインとアウトラインだと思います。そういった情報は正解があるわけではなく、自分の利用目的が審査に有利かどうか、はっきりしたことは口コミや分析サイトを見て調べてみるしかありません。

 

消費者金融

 

それでは何が、審査に有利な利用目的だと言われているのでしょうか?

 

一般的には、急な出費に対する臨時費用の補填は審査が通りやすい利用目的だとされています。冠婚葬祭や予期せぬ入院など、普段の生活費では補えない部分を埋める一時金としての利用目的は緊急性も高く、利用目的がはっきりとしているため審査に有利だと言えます。

 

消費者金融

 

その反面、漠然とした生活費として申告した場合は慢性的にお金に困っている、完済されないかもしれないと判断されてしまうため、審査にとても不利となります。

 

利用目的がはっきりしているという点において審査が有利であるのなら、

 

  • レジャーや旅行などの交際費
  • 習い事や学費等の自己投資資金

 

としての利用目的も審査にとって無難な回答であると言えます。実際にこのように回答している人も増えており、出費額があらかじめ分かっている分、計画的な収支計画が立てやすいため融資審査は比較的通りやすいと言えるでしょう。

 

そして、審査に不利な利用目的ですが、意外にも例に挙げられるのが引っ越し費用です。一見すると利用目的もはっきりした臨時費用じゃないかと思われますが、だからこそ引っ越し費用としての融資審査はおりないものと考えましょう。

 

消費者金融

 

消費者金融が恐れるのは融資額の完済がされないことによる貸し倒れです。引っ越しは、引っ越した後の連絡が付かなくなる恐れや、転居による勤め先の変更・収入不振を連想せざるを得ません。最悪、夜逃げであった場合融資金の持ち逃げも考えられるでしょう。

 

そのため、消費者金融を利用することにおいて、引っ越しという利用目的は審査に不利であると言わざるを得ません。また言うまでもないことですが、審査に不利な利用目的として、

 

  • ギャンブル

 

等の投資資金なども挙げられます。

 

消費者金融

 

利用目的に合ったプランを探そう!

最近では、銀行と業務提携した消費者金融などは融資サービスをより多角化させており、目的別ローンなどの融資サービスを展開している所が少なくありません。そういったサービスでは目的別に合わせて金利が設定されていたり、返済額が細かく設定されていたりと、より利用しやすい自由度の高い融資サービスとなっています。

 

例えば銀行だと住宅ローンや自動車ローンなどあるひとつの目的に対してでしか融資を申請出来ないのに対し、消費者金融の目的別融資のサービスではそのくくりが大まかなものとなっているのが特徴です。医療費に関する融資においてはデイサービスや訪問介護、ホスピスの入所や難病治療と言った具合に、そのジャンルに大体対応出来るようになっています。

 

消費者金融

 

こういったサービスはもちろん取り扱っている消費者金融で違ってきますが、自分の利用目的に特化した融資サービスを行っている消費者金融は探せば案外あるものです。下調べを怠らず、自分により有利な消費者金融を見つけましょう。

 

消費者金融の融資は利用目的で変わる?

旅費の補填や学費使用、生活費の助けや趣味への投資など、消費者金融を利用する目的は人それぞれだと思います。しかし、「こんな理由で本当に借りられるのかな?」と不安に思う人も少なくないのではないでしょうか。消費者金融で受けた融資は基本的に使い道が自由です。そのため、利用目的によって融資が変わる、ということは考え難いのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

 

消費者金融

 

そもそも、利用目的によって消費者金融から受ける融資に違いはあるのでしょうか?
消費者金融利用時に関する融資と利用目的の関係を詳しく見て行きたいと思います。

 

融資額と利用目的

消費者金融の融資は利用目的ありきで行われるものではありません。銀行融資と違い、使い道の自由度が大きいことが特徴であるからです。利用目的の枠を定めない、個人のライフスタイルに合わせた消費者目線の融資サービスが消費者金融の魅力なのです。

 

消費者金融

 

しかし、融資を行うにあたって申込者が融資するのに信頼出来る人物かどうかを判断しなければなりません。その判断基準のひとつに、利用目的があるのです。日常的にパチンコに行く人に対し、お小遣いを渡すように融資することはできないからです。

 

しかし、ここで気になるのが利用目的と融資額の関係だと思います。例えば冠婚葬祭に利用する時の決定融資額と、医療費利用に使用する決定融資額には違いが出るのでしょうか?

 

実際には、融資希望額と年収、総借入額との関係により借入限度額が定まるので利用目的に対する出費の大小はあまり影響しないと考えて良いでしょう。

 

消費者金融

 

つまり、利用目的で消費者金融の融資額には違いが出ません。ただし、利用目的別に特化した消費者金融やプランを上手に選べば、融資サービスの質には違いが出ると考えて良いでしょう。最近の消費者金融はより利用しやすいように、色々なプランが用意されています。

 

利用目的別に消費者金融を利用しよう!

例えばですが、女性は化粧品やファッションに日常的にお金をかける人が多いですよね。消費者金融から受けた融資の使い道もショッピングや美容への自己投資が多い場合、女性向けに展開されている融資プランを検討してみるべきです。利用限度額が最高10万円に設定されているものを選べば使いすぎてしまう心配がありませんし、金利も12%~と消費者金融の実質年率としては納得の利率を設定しているところもあります。

 

消費者金融

 

このように、調べてみれば自分の利用目的に応じた融資を行っている消費者金融はきっと見つかるでしょう。しかし、どの消費者金融のどのプランを申し込んだとしても消費者金融で受けた融資の使い道は原則自由なところが多く、当初の目的から脱しないように自分を律する必要があります。利用目的の内容に関わらず、消費者金融の利用は計画的に行いましょう。

 

 

関連記事

  1. 自己破産をすると自動車保険は解約する必要がある?

  2. 会社のお金を横領しても、自己破産をすれば損害賠償金を免除できる?

  3. ショッピング枠の借金は過払い金請求できないの?キャッシングだけ?

  4. 個人再生の評価申立てとは?

  5. 自己破産が得意な弁護士の選び方・見極め方とは?

  6. 個人再生をする前に車や不動産を譲渡したり名義変更をするとどうなる?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)