借金

ハローハッピーの目的別融資について

目的別ローンの種類

まず目的別ローンの種類は、5種類あり、

  • フリーローン
  • リフォームローン
  • 医療ローン
  • 事業資金ローン
  • 不動産担保ローン

があります。

 

融資

 

ハローローンでは、実はどのローンでも金利は変わらず、10~18%と設定されています。フリーローンで10~18%は他の金融機関と比較して安い金利だと言えますが、逆に不動産担保ローンは担保があるのに10~18%は高いと感じる人も多いでしょう。また金利が同じなら、目的用途に規定がないフリーローンだけでいいのでは?そう思う人もいるかもしれません。ですが、金利は同じでも貸付限度額や返済期間が大きく異なります。

 

フリーローンの場合は上限が50万円ですが、不動産担保ローンは担保があるため上限は一億円です。そして、返済期間もフリーローンは48カ月ですが、不動産担保ローンは240カ月となっています。他にもローンの種類によって必要な書類も違ってくるので、目的に該当するのであれば目的に合ったローンを選ぶ方が便宜を図ってくれると言えるでしょう。

 

最近需要が高まりつつある、医療ローンは、医療保険に加入していない状況で、病気になってしまった場合に、お金がなくても医療行為を受ける事ができるという点で、非常にメリットがあります。また医療保険自体には加入していても病気が医療保険の内容に適応せずに、保険料が支払われないなんてケースも少なくありません。

 

融資

 

そんな時に、病気ではお金を稼ぐ事ができませんし、まずは医療行為を受けて病気を治す事が先決です。病気が治れば、また元気に仕事が出来るようになり、医療ローンの返済をしていけばいいのです。

 

ですが、医療ローンの場合はデメリットも多いので注意が必要です。例えば、先ほど病気が治って再び働けるケースを紹介しましたが、病気の治療が長引くケースや医者が手を尽くしたけれど、病気が治らないケースもあります。そんな時に医療ローンで借りた金額+利息を支払う必要があり、返済がかなり苦しくなる場合もあります。

 

融資

 

 

ハローハッピーの目的別ローンの融資の流れ

ハローハッピーの目的別ローンの融資の流れを簡単に紹介します。まず申込み方法は、

  • WEB
  • 電話
  • FAX

 

融資

 

のいずれから選ぶ事ができます。WEBの場合は「ご利用内容入力のページ」で必要事項を入力し、送信します。審査を行い、審査結果を連絡します。その後の契約については、来店する場合と、来店しない場合から選択する事ができます。

 

来店可能な場合は、来店し、契約の手続きを行います。来店の方が手続きは早く、フリーローンなどは即日融資も可能です。ただし、不動産担保ローンの場合は、不動産を審査する必要があるため3日~1週間程度の時間がかかります。

 

来店が出来ない場合は、指定口座に融資を振込、ハローハッピーから契約書等が郵送されてきます。書類に記入し、必要書類を揃えて、返送し、契約が完了という流れになります。

 

 

ハローハッピーのメリット

消費者金融でお金を借りる場合、その消費者金融のメリットとデメリットはしっかりと把握した上で利用するかどうか判断しましょう。ハローハッピーのメリットは、金利の低さにあります。

 

融資

 

例えばフリーローンは10~18%です。18%だけみれば、大手消費者金融と大差ないと思うかもしれません。ですが、金利は〇~〇%と表示されていますよね、基本的に金利は、少額の場合は金利が高く、多額になれば金利が低くなる傾向があります。大手消費者金融の場合は借入上限額が500万円と設定されているため、50万円では金利は高くなります。

 

対して、ハローハッピーは、借入上限が50万円なので、50万円では金利は低くなるのです。そのため同じ金額を借りて比較すれば、ハローハッピーの方が低金利で借りれるというわけです。それに借入金額が高い事は、決していい事ではありません。確かに多額のお金が必要だというケースもあるでしょう。ですが、多額の借金を抱えるという事ですから、返済をするのがとにかく大変です。借金で安全ラインと呼ばれるのは50万円だと言われています。50万円までなら返済する事が出来るけれど、50万円を超えてしまうと返済が難しくなり、多重責務や自己破産などのリスクが高まると考えられています。

 

なので、一見借入金額の上限が50万円というのは大手消費者金融と比較すると圧倒的に少額で、デメリットだと感じるかもしれません。ですが、見方を変えればメリットだとも言えるのです。

 

融資

 

他にもメリットは、融資の際に来店する場合は、専属のスタッフのサポートを受ける事ができます。専属のスタッフがいると、返済計画など、いろいろ相談がしやすいですよね。審査の基準も大手では絶対に通らない、複数社から借りている人、債務処理をした人に対しても、相談に応じてくれます。

 

関連記事

  1. 個人再生に必要な書類、提出書類一覧

  2. 保証人と連帯保証人の違いは?保証人への請求と求償権について

  3. 借金の支払いを滞納した場合は強制執行?不動産売却?その流れとは

  4. クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理できる?

  5. 任意整理をすれば闇金融からの借金を解決できる?

  6. 自己破産の審尋って何?免責が下りないのはどういうケース?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)