借金

賃貸住宅に引越しする時の初期費用に注意!借金の返済とのダブルパンチも!

自己破産

借金がある身なんだけど、賃貸住宅に引越しする時の注意点は何がある?

自己破産

敷金や礼金などの初期費用に注意しましょう。借金の返済を抱えている人はなおのことです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

借金がある状態っていうのは、普通の人よりも負荷がかかっている状態だからね!少しの出費でも(痛い)と感じるものなんだ!例えば今回考える引っ越しというテーマでも注意が必要だよ!初期費用が結構かかるんだ!詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

初期費用

様々な事情で、マンションやアパートなどへの移転を予定している人も多いことでしょう。しかし、マンションやアパートに移るためには、ある程度の初期費用がかかることを頭に入れておく必要があります。マンションやアパートに移る時は、敷金や礼金などが必要になります。マンションやアパートの家賃が高くなると、必然的に敷金や礼金も高くなります。

 

というのも、敷金や礼金というのは家賃の3ヶ月分や4ヶ月分など、家賃を基準に決めているところが多いからです。そのため家賃の額が高くなると、敷金や礼金が高額になることがありますので注意する必要があります。

 

マンションやアパートへの移転を考えている人の中には、初期費用が高いので迷っている人もいるでしょう。特に借金の返済で苦しんでいる人には、この初期費用はとても切実な問題になります。このようにマンションやアパートによっては、初期費用が高くなることもありますので気を付けてください。

 

自己破産

賃貸物件へ引っ越すとなると、敷金や礼金がかかる場合がほとんどだよ!中にはそれらがかからないなんてところもあるかもしれないけど、まずは『家賃の一か月、二か月分ずつ』っていうのを覚悟した方がいいね!それが基本だから!

ぴよぴよ(基本っすね)!

しかも、『ずつ』だよ!つまり、『礼金1ヶ月分、敷金2か月分』ってことになるんだ!もし10万円の家賃なら、30万円がそれだけで飛んでいくことになるよ!

ぴよぴよ(高いっす親分、借金を抱えている人にその額は高いっす)!

この章のまとめ
  • マンションやアパートに移るためには、ある程度の初期費用がかかることを頭に入れておく必要。
  • 敷金や礼金というのは家賃の3ヶ月分や4ヶ月分など、家賃を基準に決めているところが多い。

 

住宅移転にかかる費用

実際に住宅を移転する場合、どの程度の費用がかかるのでしょうか?

 

単身の場合、移転先が、

 

借金

 

  • 15km未満で3万~4万円
  • 15~50km未満で3万~4万5千円
  • そして50~200km未満になると4万~5万5千円

 

程度になります。

 

単身の場合の移転費用の平均

15km未満 15~50km未満 50~200km未満
¥30,000~40,000 ¥30,000~45,000 ¥40,000~45,000

 

家族2人の場合、移転先が、

 

借金

 

  • 15km未満であれば6万~7万円
  • 15~50km未満は7万~8万円
  • 50~200km未満になると7万~9万円

 

程度です。

 

家族2人の場合の移転費用の平均

15km未満 15~50km未満 50~200km未満
¥60,000~70,000 ¥70,000~80,000 ¥70,000~90,000

 

さらに家族4人以上になると、移転先が、

 

借金

 

  • 15km未満であれば8万~11万円以上
  • 15~50km未満で8万~12万円以上
  • 50~200km未満になると10万~15万円以上

 

の費用がかかるようです。

 

家族4人以上の場合の移転費用の平均

15km未満 15~50km未満 50~200km未満
¥80,000~110,000 ¥80,000~120,000 ¥100,000~150,000以上

 

その後も家族が1人増えるごとに、また距離が長くなるほど移転費用は上がります。このように人数や距離などによって高くなりますので、移転を予定している方は頭に入れておくと良いでしょう。住宅移転にかかる費用については、ピーク時などを回避することで大分抑えることができます。ですので、たとえ借金があっても払えない額ではないと感じる方も多いようです。しかし問題は、この後にかかる費用です。住宅移転は前述のように、敷金や礼金などのその他の費用もかかります。そのため移転でかかる費用に加え、これら敷金や礼金などについても事前に用意しておく必要があります。

 

自己破産

移転、引っ越しにかかる費用の平均だね!人数や規模が増えるごとに料金も増えるよね!また、3月、4月なんかの引っ越しのピークや、土日なんかの混んでいる時期や時間帯を避ければ、割安で行えることがあるよ!

ぴよぴよ(なるへそ)!

飛行機代なんかも、正月やお盆休みは通常の3倍だからね!そういう点にも注意していこう!

ぴよぴよ(引っ越しは何かと一番体力を使うって聞くっす)!

この章のまとめ
  • 住宅移転にかかる費用は、家族が1人増えるごとに、また距離が長くなるほど移転費用は上がる。
  • 住宅移転にかかる費用については、ピーク時などを回避することで大分抑えることができる。

 

敷金、礼金について

住宅を移転する場合、多くのところで必要なのが敷金や礼金ではないでしょうか。敷金や礼金などは、住宅の契約を行ってから移転先に移るまでの間に支払う必要がある初期費用になります。不動産会社によって異なりますが、これら敷金や礼金は、家主や管理会社に支払うことが多いです。

 

不動産会社で物件の紹介を受ける時、初期費用についての説明がありますので、必ず確認しておいてください。住宅の家賃だけ見て判断する人もいますが、住宅を移転する時は家賃に加え、初期費用もしっかり押さえておく必要があります。住宅移転にかかる費用が高くなりローンを組む方も少なくありませんが、既に借金がある方は注意する必要があります。これ以上借金を重ねても大丈夫なのか、返済計画をしっかり立てた後で行うようにしてください。

 

借金

 

それでは、敷金や礼金の相場を紹介します。

 

まず敷金です。敷金とはいわゆる保証金のことであり、実際の相場は家賃額のだいたい2ヶ月分です。敷金は住宅を借りる側が貸す側に支払う保証金であり、前述のように地域によって呼び方が異なる場合もあります。

 

例えば関西では敷金ではなく、保証金と呼ばれることが多いです。敷金については、住宅の家賃を滞納した際の補償金、また退去する時の修繕費や部屋のクリーニング代金に充当されます。不動産会社によって計算方法の違いがありますが、基本的には退出の際、部屋のクリーニング料金を差し引かれて返却されます。

 

借金

 

次に礼金です。礼金は敷金とは異なり、返却されることはありません。礼金とはその言葉通り、貸主が借主に対して部屋を貸したくれたことに対するお礼代を意味します。礼金の額は地域によって異なりますが、だいたいの相場は敷金と同じように家賃額の2ヶ月分といわれています。

 

礼金を徴収しているところもあれば、徴収していないところもあります。また2ヶ月ではなく、3ヶ月や1ヶ月分など、それぞれ違いがありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

 

自己破産

上に書いた様に、敷金と礼金を払うことは原則的にあるよ!でも、中にはそれらが『なし』っていうところもあるから、あったらラッキーって感じだよね!普通はあるから!敷金は最後に返ってくるけど、部屋を破損させたりとかしたら、差し引かれて返ってこないケースがあるよ!

ぴよぴよ(中にはこの敷金も、悪質なクリーニング業者によって嘘つかれて、無駄に差し引かれることがあるっす)!

でも、借金を負っている人からすれば、『今出ていくお金』を制限したいのが本音だよね!

ぴよぴよ(その通りっす)!

この章のまとめ
  • 敷金や礼金は、家主や管理会社に支払うことが多い。
  • 敷金とはいわゆる保証金のことであり、実際の相場は家賃額のだいたい2ヶ月分。
  • 関西では敷金ではなく、保証金と呼ばれることが多い。
  • 退去する時の修繕費や部屋のクリーニング代金に充当される。
  • 礼金は敷金とは異なり、返却されることはない。
  • 礼金とはその言葉通り、貸主が借主に対して部屋を貸したくれたことに対するお礼代を意味する。

 

前家賃について

住宅を移転する場合、様々な費用がかかります。移転費用に加えて敷金や礼金など、住宅によっては初期費用が高くなります。このように初期費用がかかりますので、借金の支払いに追われている人は大変かもしれません。しかし、住宅移転にはまだ他の費用がかかります。

 

それが前家賃です。前家賃というのは、住宅に入居する前に初期費用として実際に支払うものです。住宅に入居した後、当月分の残り日数分を日割り計算した額をいいます。当月分を日割で計算して、翌月に請求されます。そのため前家賃は、基本的には1~2ヶ月分程度と見ておくと良いでしょう。

 

住宅の家賃は前払いが基本になっていますので、このような前家賃が発生します。通常は翌月の家賃を事前に支払う必要がありますので、場合によっては日割家賃になる場合もあります。日割家賃については前家賃と同じ性質を持っており、月の途中から住宅に入居する場合に適用されることが多くあります。

 

自己破産

前家賃って言うのは文字通り前に払う家賃だから、先にそれを払っておけば、後で払う必要がなくなるよ!あくまでも先払いしているだけだから。でも、借金をしている人にとっては『今出ていくお金』を制限したいのが本音だよね!

ぴよ(ふむ)!

さっきも言ったけど!だから前家賃を払うことも、結構な痛手になるよね!

ぴよぴよ(前に払う前払い、後で払う後払い)!

この章のまとめ
  • 住宅の家賃は前払いが基本になっているので、前家賃が発生する。
  • 前家賃というのは、住宅に入居する前に初期費用として実際に支払うもの。
  • 前家賃は、基本的には1~2ヶ月分程度と見ておくと良い。

 

仲介手数料

住宅を借りる時に必要な料金として、もう一つ仲介手数料があります。仲介手数料というのは、借主に住宅を仲介してくれた不動産会社に対して支払う料金をいいます。仲介手数料についても地域によって差はありますが、一般的には家賃額に消費税を加算した額が相場といわれています。

 

そのため家賃額が高くなれば、当然仲介手数料の額も上がります。仲介手数料については各不動産会社によって料金が異なりますので、こちらも事前に確認しておいてください。

 

借金

 

しかし、仲介手数料については無料のところもあるようです。仲介手数料というのは不動産会社の成功報酬の意味合いがありますが、サービスとして無料にしているところもあります。不動産会社も契約率を上げる必要があり、借り手の負担軽減を優先するところが多いようです。

 

住宅移転にかかる初期費用で悩んでいる方、仲介手数料が無料のところを選ぶのも一つの方法だといえます。仲介手数料などの初期費用については、各不動産会社のホームページなどでも確認できます。

 

またインターネット上には様々な比較サイトがありますので、一度アクセスしてみてください。住宅移転にかかる初期費用を簡単に比較できますので、その中から最も有利な不動産会社を見つけることができます。また近くに気になる不動産会社があれば、仲介手数料について問い合わせてみると良いでしょう。

 

このように住宅移転を行う場合、初期費用として家賃数ヶ月分の額を支払う必要が出てきますので、事前の計画をしっかりしてください。引越しなどで賃貸住宅に移転する場合、住宅によっては多額の初期費用がかかることがありますので注意してください。現在借金返済など毎月の返済に追われている方は、引越し費用を借りる時は返済計画も忘れないでください。

 

自己破産

しかしこうして考えてみると、『敷金、礼金、前家賃、移転費、引っ越し費用、仲介手数料』って、ちょっと多すぎるよね!借金を負っている人にとっては痛手すぎるっていうのが本音なんじゃないかな!

ぴよぴよ(そうっすね)!

借金をしてない人からしたって痛手だからね!引っ越しっていうのは、金銭的にも体力的にも、大変なエネルギーを消耗するのがわかるね!

ぴよぴよ(自分にはそんなお金ないっす)!

この章のまとめ
  • 仲介手数料というのは、借主に住宅を仲介してくれた不動産会社に対して支払う料金。
  • 一般的には家賃額に消費税を加算した額が相場といわれている。
  • 仲介手数料については無料のところもある。
  • 現在借金返済など毎月の返済に追われている人は、引越し費用を借りる時は返済計画も忘れない。

 

 

関連記事

  1. 未成年の子供がした借金は返済義務がある?契約の取消はできる?

  2. クレジットカードのショッピングリボ払いを任意整理できる?

  3. 自己破産手続きの弁護士費用は、着手金を分割にすることで解決する?

  4. 借金に悩んでいるならAMSのおまとめローンに相談しよう

  5. 自己破産すると現在の借家や家財道具は?+持ち家を失わない裏技!

  6. 手続きの種類によって自己破産にかかる時間は違う?早く終わらせるポイント…

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)