借金

金銭消費貸借契約書に記載する5つの項目

自己破産

金銭消費貸借契約書に記載するのはどういう内容?

自己破産

金銭消費貸借契約書に記載する5つの項目をまとめました。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

今回は、金銭消費貸借契約書を作成する時、それに記載する5つの項目を一覧にしたよ!簡潔版だね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

金銭消費貸借契約書に記載するのはどういう内容?

金銭消費貸借契約書、借用書、念書等とする

 

契約当事者の表示

契約する当事者の名前を記載(誰が誰に借りたか)

 

契約条項

いくらのお金を、いつまでに、どのような利息や遅延損害金を条件に返済していくのか

 

契約日

契約日を記載

 

署名押印

必ず、両当事者本人が自分自身で署名押印をする

 

自己破産

この項目を軸に作成していけば、金銭消費貸借契約書として成立するよ!ぜひ、覚えておいてね!

ぴよぴよ(さすがっす親分)!

 

 

関連記事

  1. 免責不許可事由である偏頗弁済の危険性について(免責不許可事由6)

  2. 個人再生はアルバイトやパートでも申請できる?

  3. 特定調停で決定した支払い義務(債務)に時効はある?

  4. 友人の(自分ではない誰か)借金を肩代わりできるか

  5. 任意整理で債権者を選ぶことは偏波弁済になる?ならない?

  6. 民事再生の手続きや流れ、必要書類を徹底検証!費用は?メリットは?

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)