借金

任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?

自己破産

任意整理で担保のついていない不動産も売却するべき?

自己破産

たとえ債権者が担保設定の要求をしてきても、債務者はその要求を拒否できます。競売の場合は売買を拒否できませんが、任意売却は拒否しても問題ありません。そのため、債務者は不動産の売却を無理にする必要はないのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

自己破産

任意整理をして借金を整理するとき、担保に入っていない自分の不動産があった場合、それは処分しなければならないのだろうか?それとも、そのまま所持していていいのだろうか?ここではそんな疑問に答えるために、詳しく解説するよ!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

任意整理による不動産売却

債務の負担が大きくて処理できなくなった時、選択する方法の中に債務整理があります。また債務整理には、

 

 

の方法があります。このうち任意整理を行う場合、担保設定のない不動産も売却する必要があるのでしょうか?

 

任意整理について

債務が多くて支払いができなくなった人が選択する手段として、任意整理があります。任意整理というのは司法書士などの法律の専門家が、債権者と返済方法や返済額の交渉を行い、支払いができるような条件で合意成立させる手続きのことをいいます。この手続きでは、裁判所が関与することはありません。この任意整理は、債務整理の手続きの中でも最もよく利用されています。前述のように任意整理は裁判所が関与することがないので、自己破産の手続きのように書類を用意する必要はありません。

 

この任意整理の時に債務者が担保設定のない不動産を保有している場合、この不動産も売却する必要があるのかが問題になります。この場合の処理方法ですが、たとえ債権者が担保設定の要求をしてきても、債務者はその要求を拒否できます。競売の場合は売買を拒否できませんが、任意売却は拒否しても問題ありません。そのため、債務者は不動産の売却を無理にする必要はないのです。

 

借金

 

 

自己破産

無理にその不動産を売却する必要はないってことだね!担保に入っていれば別だけど、担保に入っていなければ、まず間違いなくそれは売却する必要はない。

ぴよぴよ(うーむ、なるほど)!

でも、ケースバイケースだよね!事実としてはそうだけど、別に自分の意思で売りたいと思えば売れるわけだから。ただ、原則として『売る必要はない』って覚えておけば、安心するね!

ぴよぴよ(安心するっす)!

この章のまとめ
  • 任意整理というのは債権者と返済方法や返済額の交渉を行い、支払いができるような条件で合意成立させる手続き。
  • 競売の場合は売買を拒否できないが、任意売却は拒否しても問題ない。
  • たとえ債権者が担保設定の要求をしてきても、債務者はその要求を拒否できる。

 

任意整理と不動産

任意整理をした場合は、自宅に土地建物があっても特に影響を受けることはありません。しかし自宅の不動産の査定を受けて不動産担保ローンを設定している方は、借金の任意整理を行うと自宅が競売にかけられることもありますので注意が必要です。そのため任意整理の時に不動産担保ローンがある時は、弁護士や司法書士などの専門家に相談して、その不動産を借金の対象から外すなどの処置を行う必要があります。

 

 

また個人再生を選択した場合は、たとえ住宅ローンの支払い中の不動産が存在していても、「住宅ローン特則」の手続きを利用すれば住宅を失うことはありません。「住宅ローン特則」を利用すると、住宅ローンの支払いを継続して、その他の借金のみを減額できます。債務整理によって自宅を失った時は、賃貸アパートなどへの転居が必要になります。任意整理には様々なケースがありますので、まずは法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

借金

 

任意整理を行う場合、担保の設定のない不動産がある時はその売却に悩む人もいるでしょう。しかし競売と異なり、任意整理の場合は不動産を売却する必要はありません。債権者から要求があっても、拒否ができますので安心してください。

 

借金

 

 

自己破産

不動産担保ローンを組んでいる人は、『不動産を担保にしてローンを組んでいた』わけだから、任意整理の際に、その担保にされていた不動産を競売にかけられてしまうことがあるってことだね!これは前述と違って『担保に入っている』わけだから、また状況が違うっていうことになるね!

ぴよぴよ(おうち、大事っす)!

『住宅ローン特則』の話も押さえておいてね!

ぴよぴよ(はい)!

この章のまとめ
  • 不動産担保ローンを設定している方は、借金の任意整理を行うと自宅が競売にかけられることもあるので注意が必要。
  • 住宅ローン特則」の手続きを利用すれば住宅を失うことはない。

 

 

関連記事

  1. 自己破産をした場合の職業として弁護士は可能?その他の職業制限は?

  2. 自己破産よりも個人再生を選択した方が良い5つのケースとは

  3. 個人再生手続きの流れ(弁護士に委任し個人再生委員を選任する)

  4. 債務整理で車を手元に残す方法はある?

  5. 住宅ローンの月々の返済額が低いという『麻痺』に注意せよ!(+借入限度額…

  6. 借金で生活が苦しい時に考える対策と改善策とは

PAGE TOP

借金

用語集(借金、債務整理)

クレジットカード

用語集(カードローン)

クレジットカード

用語集(クレジットカード)

株式投資

用語集(株式投資)

FX

用語集(FX)